援デリ業者に聞きました

2012年10月10日

援デリの現役運営者にお話を聞いたそうです。ホントかどうかはわかりませんが…

現役援デリ業者に聞く

運営者が、出会いサイトに女性の名前で書き込んで、連絡してきた男と金額や日時交渉、女性を派遣して売春させる〈援デリ〉が、全国規模で拡がり続けているらしい。

現役業者の坂本氏(仮名、49歳)に聞いてみた。

--女性はどこで見つけてくるのですか。

「ほとんどネットですね。出会い系の掲示板やモデル募集サイトなどに『撮影で即金3万円』などの募集をかけるのです。初回は撮影…出来たらヌードまで撮影させてもらい、安心させたらあとは客単価4~5万円程度の〈援デリ〉を持ち掛ける。取り分は、女性3~4万、私が1万というところでしょうか。レベルの高い子ですと、客は4万円を出しますね。逆に足元を見られるので、値段交渉はしません」

男性客にとっては、女性の質がすべてだそう。掲示板には、〔個人撮影お願いします〕、などと書いておくと、応募時点でかわいい子をふるいにかけて落とさずに済むのだそうだ。

--どんな女性がいるのでしょう。

「まず21歳の大学生。柳原を細くしたような子です。それから埼玉のギャル。まあ、風俗嬢なんですが。最後に、25歳のまじめで服装がかわいい系OL。豊胸手術してるんですけどね」

写真を見たが、発言の謙遜振りとは違い、確かにレベルは相当なものだ。

実際の業者なのかは確かめるべくもないですし、特に立ち入った話はないようです。
実際に立ち入った話が聞けたとしても掲載が困難、ということはあるかもしれませんね。

記事を引用させて頂いている手前、「今インタビュー記事書け」と言われれば書けるような気がしないでもないなぁ、ということはさて置いて…

私もつい最近、たまたま現役で援デリを運営されているという方とお話する機会がありました。
価格などの相場は地域差や女性レベルにもよるのでしょうが、少しリーズナブルな業者さんだったようです。

リーズナブルであるということはすなわち実入りも縮小するわけで、普通のお店をやってみればいいのでは?と提案したところ、最後は何故か届出を行い営業する風俗と違法風俗とどちらが優れているか、みたいな水掛け論になってしまいましたが…

その方は特に組織に従事せず、まさにサラリーマン副業といった趣で運営されているとのことでしたが、やはり同業で組織だって動いている方から目をつけられるとやっかいとのことでした。
ネカマで集客をしたら相手は素人客を騙った方で…なんて、笑い話にもなりません。

これは価値観の問題なのでしょうが、お縄のリスクを背負い続けて営業するほどのうま味は、個人的には感じられなかったです。
締め付けも徐々に厳しくなってきてますし、その性質上、どうしても売防法、児童福祉法と、捕まって恥ずかしい罪名になりがちですからね。

真っ当に頑張りましょう!