防犯カメラで顔バレ 客引きの男女ら逮捕 -東京-

2012年7月29日

客引きが盛んな渋谷道玄坂で、街頭防犯カメラの映像が決めてとなって摘発されました。

「イチゴーで全部」買春を勧誘 客引き男女9人を摘発 設置直後の防犯カメラが決め手 渋谷・道玄坂

東京・渋谷の道玄坂地区路上で性風俗店の客引き行為をしたとして、警視庁保安課などは、売春防止法違反や都迷惑防止条例違反の疑いで、日本人と中国人の男女計9人を逮捕した。同課によると、同地区は客引き行為への苦情が相次いでおり、4月に設置されたばかりの防犯カメラの映像が摘発の決め手になったという。

逮捕容疑は、1月16日~5月11日までの間、渋谷区道玄坂付近の路上で、通行人の男性に「本番系の店。イチゴー出してもらえれば50分で全部やるんです」などと告げ、買春の勧誘をするなどしたとしている。

同課によると、防犯カメラに9人の顔を含め、客引き行為をしている様子が映っていたため、捜査員が通行人を装って現場に向かったところ、買春などの誘いの声をかけてきたという。

それぞれが個々の風俗店と提携しており、成功報酬は客1人につき通常2~3千円、多いときで月約30万円の収入を得ていた。

なんでもこの街頭防犯カメラ、夜間でも顔の判別が可能なほど映りが鮮明で、その映像は警視庁に伝送されて1週間保存されるそうです。

客引き側の対抗手段としても、防犯カメラを壊して回ったり、サングラス・マスクに帽子をかぶって客引きを行うわけにもいかないと思うので、このまま効果が持続してくれるとありがたいですね。

街頭防犯カメラの話になると、やれプライバシーがどうだの、という話が出てくることもありますが、運用がしっかりしてさえいれば、設置されている方が犯罪抑止にもなりますし、地域の方やその地域の利用者もありがたいです。

そもそも外歩くのにプライバシーって何だよ、とも思いますし、コストもかかることなので大変ですが、やはり犯罪発生率が高いと思しき地域には設置は必要ですよね。

そして個人的には客引きがワンサカいて邪魔くさい繁華街には、是非とも設置を進めていって欲しいと思います。

ホントウザいので…