キャバクラ嬢は女子中学生 -栃木-

2012年7月26日

女子中学生をキャバクラ嬢として雇ったお店の経営者らが逮捕されました。

キャバクラ嬢に女子中学生 容疑の風俗店経営者ら逮捕

県警少年課と宇都宮南署は12日、女子中学生をキャバクラ嬢として働かせていたとして、児童福祉法違反の疑いで、宇都宮市本町の「ギャラクシー」の経営者ら2人を逮捕した。

逮捕されたのは、同市宝木本町、同店経営者馬籠肇(32)と、同市細谷1丁目、同従業員尾藤修(24)の両容疑者。

2人の逮捕容疑は、共謀の上、同市内の女子中学生(当時14)をホステスとして雇い、今年1月下旬から2月中旬まで、客相手に接待させるなどの業務に従事させた疑い。

県警によると、両容疑者は容疑を認めている。

キャバクラで女子中学生を雇うのは北陸の専売特許かと思っていましたが、北関東にもブームが訪れたようです。

というのは冗談で、また北陸の方に失礼ですね。すみません。
ともかくもう、全国各地で地盤沈下が進んでいることを物語っているのかなぁと思います。

雇った期間は半月程度、その半月の雇用でどれほどの利益増加があったのかはわかりませんが、キャバクラに限らず風俗店関係者の方々は、18歳未満の雇用だけはやめましょう。

長く続けてくれる娘を探すことなど、売れっ子の単体AV女優を発掘するくらい難しいですし、リスクばかり背負い込むことになります。
まあそれ以前に法律違反ですからね。

ダメ、ゼッタイ。