住宅街に売春店 速攻で御用 -神奈川-

2012年7月20日

住宅街で売春店を堂々とオープンした経営者が速攻で御用となりました。

住宅街の違法風俗店摘発、経営者の女を逮捕

26日、神奈川・横須賀市で違法風俗店が摘発され、店の経営者の女が逮捕された。

摘発されたのは、横須賀市の住宅街にある違法風俗店「やすらぎ」で、売春場所を提供したとして、店の経営者・杉田春美容疑者(62)が売春防止法違反で警察に現行犯逮捕された。店は先月から営業を始め、月に125万円の売り上げがあったという。警察の調べに対し、杉田容疑者は「売春場所を提供したことは間違いない」と話し、容疑を認めているという。

店が入っている建物では、今年1月にも別の経営者が経営する違法風俗店が摘発されたばかりだった。

まあ堂々なのかどうかはわかりませんが、残念ながら2ヶ月もたなかったようです。

全く同じ建物で3ヶ月前にも違法風俗店が摘発されたばかりとのことで、貸し手のビルオーナーさんもよっぽど苦労されているということでしょうか。
場所はわかりませんが、たまたま続いてしまったのか、その手の店子を誘導可能なパイプを持っていて、違法風俗込みの賃料をふんだくっているのか…

ちなみに個人的に利用することがある同名のマッサージデリヘルさんとは違ったので安心しました。