警察官に「本番」勧めた客引き逮捕 -埼玉-

2012年7月17日

「本番どうですか」などと客引きした相手は警察官でした。

「どうですか、本番」警察官に客引き 容疑の男逮捕

埼玉県警川口署は16日、県迷惑行為防止条例違反の現行犯で、川口市青木の無職、山田浩容疑者(49)を逮捕した。

川口署の調べでは、山田容疑者は16日午後9時45分ごろ、川口市西川口の市道で、私服で警戒中の機動捜査隊員に「どうですか、40分1万5000円で本番です。ホテルどこでもいいですよ」などと客引きをした。

川口署によると、山田容疑者は「生活費を稼ぎたかった」などと供述しているという。

これは残念ながらマヌケと言わざるを得ません。

もうちょっとマシな文句がなかったのか気になるところですが、まあ単刀直入ですし、それはそれで良いのかもしれませんが。

これだけ私服巡回などで警戒が強められている中、客引きの逮捕劇というのは全国各地で結構な数に上っています。
誰彼かまわず「本番どうスか~」なんて、もはや「捕まえてくれ」と言わんばかりだと思うのですが、むしろそれを望んでいる層もいるかもしれません。捕まったら捕まったで飢えることはないですからね。

この犯人も生活には窮していた様子ですから、今後も「誰も傷つけず、迷惑もかけずに手軽にしょっぴかれる方法」として、この手の事件は続いていくような気がします。

まあ「迷惑もかけずに」って、迷惑なんですけどね、客引き。