売春あっせん装い自ら女子中学生とみだらな行為 -神奈川-

2012年7月16日

自らが編み出した「無料でヤる方法」を実践していた男が逮捕されました。

売春あっせん装い、自ら客になりすまし女子中学生とみだらな行為 会社員の男を逮捕

女子中学生に売春をあっせんするよう装ったうえ、自分が客になりすまし、みだらな行為をしたとして、東京都内の会社員の男が神奈川県警に逮捕された。

児童福祉法違反の疑いで逮捕された会社員・柴田 荘一郎容疑者(36)は2009年7月、当時中学3年の女子生徒のプロフに、「金持ちの人とやる系の仕事しない? 客を紹介します」などと書き込んで、売春をあっせんするように装い、その後、「あっせん者である自分が金を支払うので、客からは金を取るな」と指示したうえで、客になりすまして、新宿区内で女子生徒とみだらな行為をした疑いが持たれている。

柴田容疑者は「昔、風俗通いがばれて夫婦げんかになった。金を使わずに遊ぶこの方法を3年前に思いつき、これまでに5人くらいとやった」などと容疑を認めているという。

過去に奥さんに風俗通いがバレてケンカになったため、奥さんにばれないようにカネがかからない方法を模索し、ついに編み出した作戦だったようです。

カネ目的ではなく、完全にカラダ目的で捕まってしまっているわけですが、この事件で奥さんとはどんなケンカをするんでしょうか。
まあケンカで済めば容疑者には御の字かもしれません。

しかし恐ろしいのが、この容疑者がどの程度頻繁に同手口を使っていたかわかりませんが、こんな手口でも3年間で5人釣れてしまうという事実ですね。

「なるほど、それで行こう!」などと思っている人は、きっと良い未来が待っていることはないので、思いとどまることをお勧めします。