男児殺害の元風俗店従業員を起訴 -北海道-

2012年7月3日

なんともむごいです。

殺人などで元風俗店従業員を起訴

昨年11月、釧路市新富町のアパートで生後間もない男児の遺体が見つかった事件で、釧路地検は9日、殺人と死体遺棄の罪で釧路市の元風俗店従業員(21)を釧路地裁に起訴した。同事件は釧路地裁での裁判員裁判対象事件となる。

起訴状などによると、被告は昨年11月4日午後、当時、居住していた風俗店事務所兼自宅アパートで男児を出産したが、その処置に困り出産から約1時間経過した後、部屋にあった刃渡り約16・7㌢の包丁で、男児の左胸などを複数回刺し殺害し、遺体を部屋にあったビニール袋に包み、押し入れに放置したとされる。

同地検では、当時の被告の責任能力の有無について、昨年12月4日から専門家に精神鑑定を依頼。その結果、当時は心身喪失状態ではなく、刑事責任が問える状態と判断した。

なんとも酷いニュースです。

現場が「風俗店事務所兼自宅アパート」っていうのは、どういうことなんでしょうか。経営者?でも従業員とハッキリ出てるしなぁ。寮みたいなものでしょうか。妊婦で?

新聞記事ですと、例えばいわゆるデリヘル嬢であっても「風俗店従業員の女性」なんて出てたりするのでよく混乱します。

このニュースでは、普通に考えると、さすがに身重で出産直前までサービスする側にいたということは無いだろう、と思ってしまうのですが、妊婦であることがウリで、堂々と「母乳が出ます!飲みに来てネ」などと売り文句が書かれていたり、あまつさえグラビア撮影してたりといったツワモノがいる世界ですから、本当のところはわかりません。

なんにせよ、男児の、わずか1時間ばかりの人生のことを思うとやるせないですね。
子供は親を選べないわけで、男児の安らかな眠りを祈るばかりです。