容疑は「スイカ泥棒」 風俗店経営者を逮捕 -千葉-

風俗店経営者がスイカを盗んだ疑いで現行犯逮捕されました…

スイカ盗んだ風俗店経営者ら「後で金払えば…」

千葉県警成田署は6日、中国籍で同県八千代市八千代台南、風俗店経営楊愛栄容疑者(47)ら2人を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。

発表によると、2人は同日午前8時50分頃、同県富里市七栄の農業男性(64)のビニールハウスでスイカ7個を盗んだ疑い。畑に作業に出てきた男性の長男(33)が、2人を見つけて取り押さえた。楊容疑者は「後でお金を払えばいいと思っていた」と話しているという。

同市は、全国有数のスイカの生産地として知られる。

1個2個ではなく、7個も盗んでいたそうです。
「それで商売していたんじゃないか?」と思えなくもないほどで、まあ初犯ではないのでしょう。

風俗店経営者ですから「これから暑くなるし、盗ってきて待機している娘らに食わせてやるか」ってなものでしょうか。冗談じゃないですね。

「後でお金を払えばいいと思っていた」などうそぶくのも、まさに盗人猛々しいといった感じです。加えて容疑者の名前から大陸系であることが伺え、もうさすがというか、なんというか。

このところ、少し前から話題になっているクラブ摘発関連のニュースや、無職不良の営業する援デリが摘発されたとか、微妙に当サイトが扱うネタとズレているものが多く、珍しく佐賀県で風俗店経営者が捕まったと思ったらソースが頼りないので扱わず、まあ更新がないのは平和な証拠だなんて思っていたのですが…

久々に取り上げるネタが、まさか「スイカ泥棒逮捕」になるとは思いませんでした。

性風俗業界もこれからは稼ぎ時ですから、まあ普通は大丈夫でしょうが「魔が差した」などとしょうもない理由で販売機会をロスするような事態を招くことは避けたいですね。