禁止地域営業の現行犯で中国籍の女ら逮捕 -埼玉-

禁止地域で性的サービスを提供したとして、中国籍の女2人が逮捕されました。
「中国籍」「禁止地域営業」のコンボは、いい加減キリがないですね。

禁止地域で風俗店営業 容疑の中国籍の女2人逮捕 朝霞署

埼玉県警朝霞署は2日までに、風営法違反(禁止地域営業)の現行犯で、中国籍の女でさいたま市南区鹿手袋、風俗店「大桶足湯」(朝霞市本町)経営、張宇紅容疑者(44)と、同法違反幇助(ほうじょ)の現行犯で、中国籍の女で東京都渋谷区笹塚、風俗店従業員、陳惠琴容疑者(42)を逮捕した。

朝霞署の調べによると、2人は店舗の所在地が風俗店の経営が禁止された地域であることを知りながら、店内で男性客(28)に性的サービスをした疑いが持たれている。

朝霞署の調べに対し、張容疑者は「マッサージしかさせていない」と容疑を否認しているが、陳容疑者は「性的サービスをした」と容疑を認めているという。

この手の事件で、中国籍の被疑者が逮捕されて早々に容疑を認めているケースを見るのは久々な気がします。
その辺の意識合わせが不十分だったのか何なのかわかりませんが、店も客も、代わりはいくらでもいるからといったノリかもしれませんね。

残念ながら背後関係はわからず、そもそもそんな影があるのかもわからず、今後も同様の事件が発生し続けるのでしょう。

「中国籍」「禁止地域営業」の逮捕ネタは、もうどれがどれやらわからないくらい量産されているので、そのうちスルーしだすかもしれません。教訓も何もないですし。

あしからずご了承ください。