日暮里で違法風俗店増加中 -東京-

今月はじめに報道された日暮里の違法風俗店摘発から、日暮里の今を紹介している記事です。

摘発 日暮里風俗の濃厚プレイ

風俗店の摘発といえば、都内では新宿や池袋といった繁華街でよく行われるものだが、意外な場所、日暮里で一斉摘発が繰り広げられた。
「警視庁保安課と荒川署は5月1日、風営法違反の疑いで、日暮里駅周辺にある5店舗の風俗店の経営者ら7人を逮捕したんです。日暮里は、隣駅のホテヘルのメッカ・鶯谷のように、いわゆる“風俗地帯”ではありません。今回は意表を突いた摘発でした」(事件記者)

しかし、日暮里には最近、違法風俗店が次々と進出していた。その理由は、’08年に開業した『日暮里・舎人ライナー』だ。
「日暮里駅に人の出入りが増えたことで、風俗店も急増し始めたんです。ただ、この界隈は“禁止区域内”。風俗営業はご法度ですが、やはり儲かるとあって雑居ビルの一室などで密かに営業していました。サービスも過激で、中国系エステが多く本番は当たり前。相場は60分1万5000円ぐらいです」(風俗ライター)

また、この地帯では超マニア向けの違法風俗も存在するという。
「腸内洗浄や導尿といったプレイです。こうした医療系プレイでは、行う側は“資格”がないといけない。しかし、日暮里界隈では素人の女の子が見よう見まねでプレイする違法店もあるんです」(マニア男性)

さらに最近では、人妻が在籍する本番マッサージ店も激増している。
「足立区辺りに住んでいる奥さんたちがこっそりやってきてバイトしているんです。日暮里や西日暮里は繁華街ではないため、人目につきにくいのも理由のようです」(前出のライター)

摘発は続きそうだ。

以前は鶯谷のカバーエリアという印象だった日暮里ですが、今や一つのエリアとして十分なボリュームを持ってきているようです。
かといって日暮里単体での地域密着情報サイトが立ち上がるかというと、ボリューム面で難しいため、やはり「鶯谷・日暮里」もしくは「上野・鶯谷・日暮里」というパターンが多いです。

人の流れが大きく変わる都市計画に際しては、われわれ業界でも出店構想含め真剣に検討する必要があります。
私が当時関わっていたお店関係では、結局「保留」「様子見」「当面は鶯谷でのカバー」という保守的な戦略が多かったのですが、まあ当然といえば当然、地盤から離れたエリアでの新規出店ならいざしらず、電車で2分の隣駅ですからね。

ちなみに摘発に関しては、個室マッサージ店が性的サービスをしていたという、いわゆる禁止地域営業が原因で、韓国デリヘルの売春容疑といった中身ではありません。
それなら隣駅に行った方が話は早そうです。捕まりますが。

なお、件のニュースを当サイトで扱っていなかったので、念のため以下に引用させてもらいます。
(一時ソースはすでに削除済みのようでした)

舎人ライナー開業後に急増 東京・日暮里駅周辺の違法風俗店摘発

禁止地域内で風俗店を経営するなどしたとして、警視庁保安課と荒川署などは風営法違反の疑いで、東京都荒川区東日暮里の個室マッサージ店「アロマガーデン」経営、細野奈緒(34)と葛飾区東金町の個室マッサージ店「アカシヤ」経営、春日哲夫(39)の両容疑者ら、5店舗の7人を逮捕した。

同課によると、アロマガーデンなどがある日暮里駅周辺では、平成20年の日暮里・舎人ライナー開業後、違法風俗店の進出が目立っているという。細野容疑者は「マッサージをしていただけ」と容疑を否認、ほかの容疑者は認めている。

細野容疑者の逮捕容疑は、4月29日、風俗営業が禁止されている荒川区東日暮里にあるビル1階のアロマガーデンで、男性客(67)に性的なマッサージをしたとしている。