風俗店従業員転落死で男2人を指名手配 -東京-

元デリヘル従業員が品川区の雑居ビルから転落死した事件で、警視庁大崎署捜査本部は逃走中の容疑者2人を公開手配し、2人の顔写真や立ち寄った店での防犯カメラの映像が公開されました。

風俗店従業員転落死で男2人を公開手配 強盗致傷容疑 警視庁

東京都品川区の雑居ビルで今月7日、このビルに住む元デリバリーヘルス(無店舗型風俗店)従業員の和久津安二郎さん(35)が転落死し、男4人が同居男性に暴行して現金を奪ったとして逮捕された事件で、警視庁大崎署捜査本部は20日、新たに強盗致傷などの疑いで、いずれも住所不詳、職業不詳、小田浩司(41)と柴田真也(28)の両容疑者を公開手配した。

小田容疑者は、逮捕された自称風俗店経営、鳳山徳行容疑者(40)が経営していた風俗店の関係者とみられ、捜査本部は、和久津さんの転落死についても何らかの事情を知っているとみて行方を追っている。手配容疑は7日未明、品川区西五反田のビル7階で、男性(27)に暴行を加え、現金約2万円などを奪ったとしている。

捜査本部によると、和久津さんと男性は以前、鳳山容疑者の風俗店で働いていたが、事件前には、新たなデリヘルの開店準備のため、現場ビルに住み込んでいた。

情報提供は大崎署捜査本部(電)03・3494・0110。

事件発生時に当サイトでも取り上げましたが、犯行グループとされる6人中4人が逮捕されて以降、これといった続報もないまま、今日の指名手配にいたりました。

事件発生後は千葉県に逃走したことが確認されているようです(nikkansports.com)。公開されている防犯カメラの映像は、千葉県の店内の様子とのこと。
「ヤマを踏んだら川渡れ」という基本に忠実なのか、土地勘がある場所に逃げた結果が他県になったのかわかりませんが、近年は逃げている側が様々な情報を得ることも容易になっているので、なかなかしっぽを掴ませてくれないかもしれません。

小田容疑者は背中にトラの入れ墨がある(時事ドットコム)ということですから、もし性風俗店の利用があった場合に対応を誤らないよう、お触れとして待機室などで周知できるなら、それに越したことはないですね。

また続報があり次第、取り上げることになると思います。