ススキノで安全啓発パレード -北海道-

お盆休みが近いこともあり、このところ業界の摘発関連報道で目立ったものはありません。
喜ばしいことなのですが、いきおい当サイトは更新が滞りがちに…。

先日スカウトの逮捕をお伝えしたススキノで、「安心して楽しめるススキノ」を目指し、客引きや違法風俗店への注意喚起を目的としたパレードが実施されました。

街角:札幌・ススキノ安全啓発パレード /北海道

ススキノ地区の町内会やビル協会などで作る防犯団体「クリーン薄野推進協議会」が9日夕、観光客に悪質な客引きや違法風俗店への注意を呼び掛けるパレードを実施。

道警音楽隊と警察犬の先導で、薄野交番から駅前通りを約20分間練り歩いた。

協議会の藤井英勝会長は「東日本大震災の影響で客足は芳しくないが、観光客や地元の方のために安心して楽しめるススキノを目指したい」と汗をぬぐっていた。/p>

ススキノでは昨年の年末ごろにも歳末特別警戒でパレードをしていたと思いますが、今回は町内会やビル協会といったいわゆる「地元民」なのか、暴力団追放というテーマは盛り込まれていない様子です。

ススキノに関しては若干関わりがあるお店がありました。
聞けば今年は震災の影響もあり例年にも増して大変だということですが、振り返ってみれば、ここしばらく「今年はわりと良い」という話をきいたためしがありません。

もとより北海道経済は地盤沈下が叫ばれて久しく、東日本が震災前に置かれていた状況とはレベルの違う厳しさがありましょうし、そういった状況の中でせっかく遊びに来てくれた観光客が度を過ぎた客引きや違法風俗のせいで印象が悪くなってしまったのではたまりません。

特に客引きは、風俗店関係者だけでなく居酒屋の呼び込みも含めて、個人的にも何とかして欲しいと願っているので、こういった運動が少しづつでも他者の意識を巻き込んで伝播してくれるといいですね。