立川駅南口に民間交番 -東京都-

2012年6月21日

治安が不安視される立川駅に民間交番が出来るそうです。

立川駅南口に民間交番

立川市は四月から、JR立川駅南口近くの同市錦町一に警官OBらを配置した民間交番を新設する。人通りの多い中に風俗店が点在し、トラブルが起きがちなため、防犯対策を強化して環境改善を図る。市は「市民から駅南口周辺の治安に不安の声が寄せられている。何かあったら飛び込んでもらえる場所にしたい」としている。

十七日発表した新年度予算案に立川駅周辺の安全・安心推進事業として盛り込んだ。民間交番は駅南口から東方面の風俗店などが集まる場所の適所を一カ所選んで設置する。警察官OBや警備員などが午後二時から午後十時半まで常駐するほかパトロールの拠点にも活用する。民間交番前には青色灯を設置することも検討している。

二〇一〇年度については市が中心になって運営する。その後は、地域住民や関係団体と協議を重ね、地域住民らの組織が運営することを検討していく。錦町や柴崎町、曙町の駅周辺三町のエリアで市内全体の半数を超える犯罪が発生しているとされ、市は「市と警察、市民が連携して犯罪を防いでいきたい」と話している。

常駐は14:00から22:30までとはいえ、近隣の方々や希望せずともエリアに立ち入らなければならない方々にとってはありがたい事です。

どこも同じですが、駅周辺は栄えているにもかかわらず、通り一本入っただけで「アレ?」と思うような場所も少なくないです。

風俗店が立ち並ぶエリアを女性が一人歩きするのは、何となく怖いですからね。
とはいっても、立川あたりだと女性自体が関係者だったりすることがままあるわけですが…