他にも殺していた?風俗店経営者殺人事件 -宮城県-

2012年6月16日

長く続いている風俗店経営者殺人事件の捜査に絡み、別の殺人事件にも関与している容疑が浮上したようです。

11年前の殺人、4人逮捕

風俗店経営者に対する強盗殺人罪などで起訴された男らが、11年前にも別の男性を殺害したとして、宮城県警暴力団対策課などは10日、殺人容疑で無職笹本智之(35)、会社役員菅田伸也(31)両容疑者を再逮捕、福島市野田町、会社員山田純也容疑者(31)、仙台市青葉区の衣料品会社役員(30)=事件当時19歳=を逮捕した。

県警によると、笹本容疑者は容疑を認め、菅田容疑者ら3人は否認しているという。

逮捕容疑では、4人は共謀し、1999年1月31日、東京都中野区のアパートで、笹本容疑者の知人だった新宿区大久保の打田篤司さん=当時(31)=の首を絞めるなどして殺害した疑い。

打田さんの遺体は昨年、仙台市太白区の山中で白骨化した状態で見つかった。県警は、打田さんと笹本容疑者の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。

現状、4人組のうち3人までが容疑を否認しているみたいですが、なんとまあ恐ろしいものです。

まだ判決が出たわけでもないので何とも言えませんが、当時は4人とも20歳前後ですし、イケイケで動き出してしまえばストッパー役を担える人もいなかったかも知れませんね。

それにしても、殺人後の生活ってどういう気分なんでしょうね。しかも10年以上。
それはそれでツラい人生かもしれない…って、それをツラいと思う人はハナっからコロシなんざしませんかね。