親に風俗店勤務を強制された少女とみだらな行為 -千葉-

2011年2月6日

親に風俗で働くことを強制されていた16歳少女が、風俗店店長にいいようにされていた実態が明らかになりました。

16歳少女とみだらな行為 容疑の風俗店店長逮捕

16歳の少女に裸の動画などを撮影、送信させた上、みだらな行為をしたとして、千葉県警少年課と富津署は児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)と岐阜県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで、岐阜市茜部大川、風俗店店長、千田時彦容疑者(43)を逮捕した。

少女をめぐっては、昨年11月に千田容疑者が店長を勤めていた岐阜市内の性風俗店に少女を紹介して雇い入れさせたとして、少女の両親が職業安定法違反容疑などで逮捕、起訴された。

県警が千葉県内の少女宅を家宅捜索した際、押収された少女の携帯電話に少女のわいせつな動画などが保存されていたのが見つかり、千田容疑者にメール送信した形跡が残っていたことから犯行が発覚した。

逮捕容疑は昨年9月、少女に裸の動画などを携帯電話のカメラで撮影させ、自分の携帯電話にメール送信させたほか、岐阜市内のホテルで少女が18歳未満と知りながら、みだらな行為をしたとしている。

以前、風俗店で働かないと父親から暴力を受けるというトンでもない家庭の少女が救出された事件がありましたが、その後の捜査で、風俗店店長が少女のわいせつな動画をメールで送信させたり、18歳未満と知りながらみだらな行為をしていたことが発覚しました。

親に風俗店勤務を強制されていたことについては被害である可能性が高いと思いますが、店長との関係については果たして半ば強制されていたものなのか、それとも恋愛関係の範疇だったのか定かではありません。
容疑などを見る限り後者の気がしてなりませんが…まあ店長さんも業界にいる人ですから、その辺のリスクは十分理解した上での行動だったのでしょう。メール送信の履歴まで出てきてしまったら、残念ながら言い訳が入り込む隙間はありません。

この件はどうも腐った夫婦の単独犯行だったようで、長女にとっては一時のつらい思いで済み、今後自由な人生が待っているのだとすれば不幸中の幸いだったかもしれません。
16歳ではなかなか難しいかもしれませんが、仮にこの夫婦によって組織だったところに売りに出されていたとすれば、相談して助けを求めることすらままならないルートに入ってしまった可能性もあります。

今後はせめてまともな出会いに恵まれるよう祈るばかりです。