禁止地域営業容疑で8人逮捕 -大阪-

2011年1月30日

禁止地域で営業をしたファッションヘルスの経営者ら8人が逮捕されました。
今年は例年にも増して大陸系の頭目が多く逮捕されている気がします。

禁止地域で風俗店 容疑で8人を逮捕 大阪

禁止地域でファッションヘルス店を営業したとして、府警生安特捜隊と曽根崎署は26日、風営法違反容疑で、大阪市北区堂山町のエステサロン「ローズハウス」など3店舗を摘発、経営者の陳君霞容疑者(34)=同市北区堂山町=ら8人を逮捕し、うち5人を送検したと発表した。

陳容疑者の逮捕容疑は19日午後、風俗営業の禁止地域にもかかわらず、店内で男性客に対して女性従業員に性的サービスを提供させたなどとしている。

曽根崎署によると、陳容疑者はテナントビルの3~5階で3店を経営。調べに対し、黙秘しているという。

またもや大陸系の親分率いる違法風俗店が摘発されました。
正式な統計は取っていませんが、昨年末あたりからの大陸系逮捕者を取り上げる頻度が、例年よりもかなり多いイメージがあります。

テナントビルの3・4・5階で3店舗を経営、その全てが摘発対象となったようです。
ダンマリを決め込んでいるようですが、黙秘してトクになることはあまり無さそうな気がしますがね。

これだけエステサロンを隠れ蓑にした風俗店の摘発事例が引きも切らずに常態化してくると、さすがにエステ自体の届出に何らかの制限や規制強化策がとられないかと不安になります。
不安になりますといっても自らは特にエステを開業する予定も無いので、本当に不安に思っているのは真面目にエステ業に取り組んでいる、もしくは取り組もうとしている人たちですよね。

「エステ」と聞いても、まず「本当か?」「ヌキあるんじゃないか?」と思ってしまう自分が悲しいです…