脱北女性、利益は北朝鮮へ -東京-

2010年10月26日

脱北して来日、風俗店を経営し稼ぎを北朝鮮に送金していた女が、風営法違反で逮捕されたニダ。

脱北者の女が上野で風俗店経営…「金は北に」

東京・上野の禁止区域で風俗店を経営したとして、警視庁が脱北者の女(44)を風営法違反容疑で逮捕していたことがわかった。

女は2004年に北朝鮮を脱北後に来日し、風俗店で稼いだ金を北朝鮮に送金していたといい、同庁で詳しく調べている。

捜査関係者によると、女が逮捕されたのは今年5月。女は北朝鮮出身で、04年7月に韓国に脱北し、06年4月に来日。昨年1月から東京・上野で風俗店を経営していた。

女は来日後、千葉県市原市の男と結婚していたが、偽装結婚だったとして、今年6月、同庁に公正証書原本不実記載・同行使容疑で再逮捕され、今月中旬、韓国に強制送還された。

女は風俗店で脱北者の女性2人を雇っており、今年4月までに約3500万円の利益を上げていたという。女は「稼いだ金は北朝鮮の家族に送った」などと供述しているという。

脱北後に来日し偽装結婚、禁止区域で風俗店を経営し、脱北女性2名を雇用、1年余りで約3,500万円の利益をあげたそうです。
暴れ放題ですね。

もともと日本は北朝鮮にとってこれ以上ない外貨獲得先ですし、この記事のような事例も氷山の一角でしょう。ナメられたもんです。

なにせ金が流れた先は北朝鮮ですから、果たして送金を受けた家族はどれだけの蓄財を出来たのだろうかといえば、まあ物価などに関しては比較するものが無いような国ですし、そもそも国の体制が全く違うわけですから、ミサイルやら核兵器やらに化けているのでしょうね。

自らの下半身がまいた種で自国の脅威を育てているような気がしてイヤな気分になります。