実態はホストクラブ ボーイズバー捜索 -兵庫-

2010年10月21日

少し前まで摘発の風が吹き荒れたガールズバーですが、根っこが同じの「ボーイズバー」関係者が逮捕されました。

「ボーイズバー」実態はホストクラブ 神戸で捜索

無許可でホストクラブを営業したとして、兵庫県警生活環境課と生田署などは19日、風営法違反容疑で、神戸市中央区下山手通2、「CROWS(クローズ)」を捜索し、同容疑で経営者山本陽介容疑者(29)=同市兵庫区浜崎通=と20代の男性店員3人を逮捕した。同店は、料金設定が比較的安価な「ボーイズバー」と称して、女性客を勧誘していたという。

4人の逮捕容疑は、19日午前1時45分ごろ、県公安委員会の許可を受けず、同店で女性客2人に酒をつぐなどの接待行為をし、風俗営業をした疑い。山本容疑者ら2人は容疑を認め、ほかの2人は「許可が必要と知らなかった」と否認しているという。

同署によると、ボーイズバーは、若い男性店員が、客とカウンター越しに応対し、風営法上の接待行為がないバーで、神戸・三宮に10店ほどあるとみられる。

同店は「1時間飲み放題1200円」などとボーイズバーを装い、若い女性を勧誘。しかし、実態はホストクラブで、「数回の飲食で約80万円請求され、風俗店で働かされた」という女性らの相談で発覚したという。

捜索時の店内には、10代の少女もおり、同署は、未成年に飲酒をさせた疑いでも調べを進める。

少し前まで連日摘発のように摘発事例があがっていたガールズバーもすっかり落ち着きましたが、同じ手口で実質ホストクラブを営業していたそうです。

発覚の契機となった女性の相談内容を見る限り、かなり行き過ぎた感じだったようですね。
「ちょっとグレーな感じのバー」程度であれば警察もまだ寛容だったかもしれませんが、風俗あっせんまでこなすんですから、逮捕も止む無しですね。

捜索時、店内には10代少女もいたということで、まあ店が店なら客も客、といった趣アリアリですが、少女は「コラッ」とされて終わりですから気楽なものです。

「許可が必要と知らなかった」と否認(否認にもなっていませんが…)しているようですが、ホント、頭では「知らなかったじゃ済まされない」とはわかっていても、こういう場ではつい口をついてしまうのでしょうね。

「知らなかった」
「そうか。じゃあ良い勉強になったな。ちょっと遅かったけどな。」
と言われてお終いです。

みなさんも「知らなかった」からといって捕まってしまうことのないように、最低限の情報収集を怠らないようにしましょう!