部屋を転々とし売春 男ら逮捕 -埼玉-

2010年10月3日

部屋を転々としながら売春店を営業していた、渡り鳥のような経営者らが逮捕されました。

マンションの部屋を転々としながら風俗店営業 容疑の男2人逮捕

埼玉県警生活環境1課と川口署は28日、売春防止法違反などの疑いで、韓国籍で川口市西川口、風俗店経営、夫斗鉉容疑者(39)と同所、風俗店従業員、山口尚夫容疑者(44)を逮捕した。

生活環境1課の調べでは、2人は共謀して28日午後5時ごろ、川口市西川口のマンションの一室で、従業員の女(34)が川口市の男性会社員(28)に60分1万3000円で売春することを知りながら、場所を提供した疑いが持たれている。

生活環境1課によると、犯行時の部屋以外にも2部屋を借りており、部屋を転々としながら風俗店の営業をしていたという。風俗店は平成17年7月から営業を開始した。看板などはなく口コミで客を集め、月約100万円を売り上げていた。

まさに「風俗渡り鳥」といった呼び名がピッタリくるような営業ですね。

記事から営業実態がどのようなものだったかは読み取れませんが、看板を掲げずであれば広告も大々的に打てたわけではないでしょうから、口コミのみで月100万の売り上げがあったのであれば大したものだと思います。

ただ大したものではありますがひとつ残念だったのが、売春はダメだろ、ってことですね。