出会い系・偽装ラブホ 進む規制 -岡山-

出会い系喫茶の営業が確認されていない地域でも、全国的に広がる規制の波からは逃れられないようです。

出会い系喫茶、偽装ラブホ規制へ

岡山県警は30日、児童買春の温床と指摘される「出会い系喫茶」で、18歳未満の出入りを禁じるなど営業を規制する県条例の改正案をまとめた。風営法施行令の改正に伴い、ビジネスホテルなどと形態を偽る「偽装ラブホテル」についても営業区域などを制限する。2011年1月の施行を目指す。

出会い系喫茶を同法の「店舗型性風俗特殊営業」とみなし、18歳未満の出入りを禁じるとともに、官公庁や病院、学校周辺などでの営業や深夜営業を制限する。偽装ラブホテルについては従業員が顔を合わせずに入室、精算する宿泊施設も広くラブホテルととらえ、出会い系喫茶と同様の営業区域規制をする。

県警によると、県内で出会い系喫茶の営業は確認されていないが、偽装ラブホテルと見なされる施設は60軒前後に上るとみられ、届け出のあるラブホテル(約40軒)を上回るという。

偽装扱いとなるラブホテルが、正規に届出を行っているラブホテルの1.5倍もあるとはすごいですね。

逆に言えばそこまで放置されていたのもすごい話ではありますが。

岡山県内のラブホテルを検索すると、ラブホテル紹介サイトでは「登録数94件」などと出ているのですが、ラブホテル紹介サイトというのは届出を確認しなくても掲載が可能ということなのでしょうか。
確認の必要があるにも関わらず確認せず掲載しているのであればコレは…

とはいえまあ、グレー部分を突っ走っているサイトを挙げたらキリがないですからね。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらお教え頂きたいです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ