盗撮をネタに恐喝した風俗店員を逮捕 -滋賀県-

「良いゆすりネタを仕入れた」と要求がエスカレートし過ぎた風俗店員が逮捕されました。

風俗店員ら 盗撮の客から790万円恐喝

大津署は25日、恐喝の疑いで大津市真野5丁目、風俗店元店員根地戸豊容疑者(33)と同市雄琴6丁目、同店員吉崎雄一郎容疑者(31)を逮捕した。

2人の逮捕容疑は昨年11月、大津市雄琴の勤務先の風俗店で、客として来ていた公務員の男性(33)=京都府向日市=が店内をビデオカメラで隠し撮りしたことに因縁を付け、同11~12月、3回にわたり現金790万円や新幹線の回数券(時価53万円相当)を脅し取った疑い。

大津署によると、2人は男性の顔写真を撮影し「公開する」と脅した。ことし1月にも現金30万円を要求したが、男性が大津署に被害届を出し未遂に終わった。

相手は公務員で、しかも盗撮が発覚した段階では一方的に相手が悪で、自分たちは被害者以外の何者でもないわけですから、色々と「使える」と思ってしまったんでしょうね。
ちょっと要求がエスカレートし過ぎたようです。

しかし、1,000万円近く脅し取られてしまったわけですから、被害者の公務員にしたら、たかが風俗店の店内映像が高くつきましたね。

なんでビデオカメラに収めたかったのかは全く理解出来ませんが、副業で自身がゆったりデリヘル開業でも出来てしまうくらいの金を溶かしてしまいました。

客が起こすトラブルにはさまざまなケースがありますけど、据えるお灸が過ぎると、自身がもっと大きなお灸を据えられる可能性があるということですね。
特にこの業界では、公安が親身になって味方してくれるケースは少ないですから。

気をつけたいものです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ