公然わいせつ幇助容疑のカップル喫茶&ハプバー摘発 -東京都-

一時期流行した「カップル喫茶」「ハプニングバー」ですが、時代とともに今や絶滅が危惧されているそうです。

カップル喫茶&ハプバー ほぼ“絶滅危惧種”の理由

「カップル喫茶」と「ハプニングバー」の老舗が先週、公然わいせつ幇助容疑で警視庁に相次いで摘発された。そのうち東京・池袋のカップル喫茶「フォーチュン」は1994年開業で、生き馬の目を抜く風俗業界では老舗中の老舗。「店内では、常にハードなコトが行われていた」(常連客)というが、一方でこの2つの業態は、いまや風俗業界の絶滅危惧種ともいわれているという。

警視庁生活安全特捜隊に公然わいせつ幇助容疑で逮捕されたのはフォーチュン経営の浅見正男(61)と店長の吉永美和(44)の両容疑者。同店と関連はないが、同容疑で東京・歌舞伎町のハプニングバー「伝導師」経営、木下隆介容疑者(29)ら2人も同時期に逮捕された。

特捜隊によると、公然わいせつの現行犯で、両店の18-51歳の客の男女計5人も逮捕された。捜査員が踏み込んだ際、フォーチュンでは自営業の女(49)が全裸で悶え、伝導師では無職の男(38)が下半身を露出し、女子大生の女(18)がフェラチオの真っ最中だったという。

自ら触れる情報が離れているということもありますが、カップル喫茶やハプニングバーという言葉はホントに聞かなくなりました。

摘発店舗のうち「フォーチュン」については店の前まで行ったことがあります。
あいにく一人だったので「そのうち行ってみようかな」と思ってからしばらくたちますが、摘発されちゃいました。

ところが、もうすでに営業再開しているようですね。
お店の掲示板には、「すでにお客様がいらっしゃっています。どうぞご来店下さい。お待ちしております。」なんて書き込みがされていたりします。
ちなみに逮捕後の数日間は「本日より排水管工事の為数日間休業させていいただきます。」と告知されていました。ウソおっしゃい!

なお、全く関係ないですが、ここのサイトはデザインが秀逸です。
売れっ子Webデザイナーもかくやといった前衛的は、一見の価値ありです。是非!
fortuneオフィシャルサイト

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ