賃金安くても地元志向のキャバ嬢たち -富山県-

地方のリーズナブルなキャバ嬢、セクキャバ嬢は、より稼げる都会への進出についてどう考えているのでしょうか。

東京への憧れはない地方のキャバ嬢たち

地方に行くと、キャバクラであれセクシーキャバクラであれ、安い料金で飲むことができます。東京での料金を知っていると、激安だと思えるほどです。

「こんな安いの? 東京の半額じゃん!」

客の立場から考えるとお得感があるものです。しかし、同じような仕事なのに差があるなんて、働いている嬢たちはそれなりに時給も安いことでしょう。いったい嬢たちはどう思っているのでしょか?

都会と呼ばれるところにしか住んだことがないと、「都会だから怖い」という感覚がイマイチわからないのですが、総じて漠然とした怖さ、特有のドライな付き合い、みたいなものを感じているようです。
確かにドライかもしれませんね。地方に行って人に触れると、確かに違いを感じます。

北海道の女性なんかですと、即上京してくる前段階として仙台あたりでとどまる傾向がみられたりします。
実際のところ、危険に遭遇する確率というのは、あんまり変わらない気がするのですがどうでしょう。
つまるところ「当たり外れ」で全てが決するという。

ユーザとしては、地方に行った際にリーズナブルに遊べることは有難い限りですし、みんながみんな都会に来てしまって過疎ってしまったら、それはそれで困りますからね。
良いバランスなのかもしれません。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ