女子中学生に売春させた大学生逮捕 -東京-

現役大学生が、中学生に売春をさせたとして逮捕されました。

女子中生に売春させる=容疑で男子大生2人逮捕-警視庁

女子中学生ら2人を売春相手として紹介し、わいせつな行為をさせたとして、警視庁少年育成課と原宿署は27日までに、児童福祉法違反容疑で、北海道苫小牧市澄川町、私立大学3年竹内博紀容疑者(23)と、東京都渋谷区西原、同2年須藤大貴容疑者(21)を逮捕した。

同課によると、竹内容疑者は容疑を一部認め、「2年前に新宿区歌舞伎町に事務所を設け、デリヘルを経営していた」と供述。須藤容疑者は「女の子は知っているが、客には紹介していない」と否認しているという。

逮捕容疑は昨年11月2日と12月24日、歌舞伎町と豊島区東池袋の路上で、都内の会社員の男(38)ら2人に、18歳未満と知りながら、都内の市立中学3年だった女子生徒(15)ら2人を紹介し、ホテルでわいせつな行為をさせた疑い。

同課によると、携帯電話の自己紹介サイトや口コミで少女らを集め、出会い系サイトを通じて男性客に紹介。約3万円の料金の半額を受け取っていた。

これで客が高校生なら、まさに世代を超えた売春事件だったのですが、まあそんなことはどうでもよろしいことで。

大学生でありながら、歌舞伎町でデリヘル経営のご経験をお持ちとのことです。すごいですね。
在学中の起業は以前ほど珍しいものではなくなったとはいえ、やはり立派なものです。事業内容は別として。

しかしながら出会い系を介した売春斡旋すなわち援デリは花盛りですね。
1本仕事つけて1万5千円とは、そりゃオイシイですからやりたい人はたくさんいるでしょう。

みかじめも払わんと…と思っても、当然ソッチ方面の方々も参入済みですから、気をつけないと「逮捕された方が良かった」といったことにもなりかねません。

まともに風俗店を営んでいる方は、こういった脱法の手合いも競争相手として認識しなければならないのがツラいところですが、真っ当なやり方で競争に勝つためには地道な経営努力しかありません。

お互い頑張りましょう。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ