出会い系で釣った女子高生をレイプ -神奈川県-

風俗店の店長さんが、女子高生に強姦した疑いで逮捕されました。

女子高校生に暴行した容疑者を逮捕

南署は12日、強姦(ごうかん)の疑いで、秦野市菩提、風俗店店長の容疑者(26)を逮捕した。

逮捕容疑は、昨年8月31日午後7時ごろ、横浜市南区内のホテルで、携帯電話の出会い系サイトで知り合った同区在住の県立高校1年の女子生徒(16)に暴行したとしている。

同署によると、容疑者は同サイトで食事の約束を取り付けたが、待ち合わせ後に「おれは短気だから怒らすなよ」などと脅迫し、無理やりホテルに連れ込んだという。容疑者は「未成年とは遊んでいない」などと供述、容疑を否認しているという。

出会い系に絡む事件はなかなか無くなりませんね。

弱者を脅して暴行するようなゲスはともかく、食事の約束をしてノコノコ姿を現すような女子高生ですから、その危機意識の無さがこういった性犯罪者の格好のネタになっているんでしょう。

「赤信号を渡ったら危ないよ」というのと、「出会い系でフラフラ遊んでたら危ないよ」というのは、どちらも同じくらい聞かされてるんじゃないかと思うんですが、どうにも後者に対しては危機意識が欠落しているような気がしてなりません。

16歳で出会い系以外にすることがないなら、それはそれで寂しいもんだと同情しますが。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ