名義貸しで無許可風俗営業の疑い 元市議ら逮捕 -愛知-

名義貸しによる違法な風俗店営業で1億円を売り上げていたとして、元蒲郡市議ら4人が逮捕されました。

風俗店を無許可営業容疑 元蒲郡市議ら4人逮捕

愛知県豊橋市で名義貸しによって違法に風俗店を営業し、1億円以上を売り上げたとして、愛知県警保安課と豊橋署などは11日、風営法違反(無許可営業、名義貸し)の疑いで、元愛知県蒲郡市議で実質的経営者の不動産会社役員、板倉実容疑者(69)=愛知県豊橋市下地町=ら4人を逮捕した。

板倉容疑者は1987年4月から1期、蒲郡市議を務めた。

ほかに逮捕されたのは、いずれも自称風俗店経営者の藤井真一郎(54)=豊橋市吉川町、佐藤崇志(29)=豊橋市魚町、山田光明(39)=本籍愛媛県=の3容疑者。

逮捕容疑では、板倉容疑者は2011年7月から今年9月まで、県警から営業許可を受けずに、豊橋市松葉町の風俗店5店舗を営業したとされる。この5店舗は藤井容疑者ら3人が営業許可を受けており、3容疑者は経営を板倉容疑者に任せて、風営法に違反する「名義貸し」をしたとされる。4容疑者はいずれも、容疑を否認している。

記事にある通り、逮捕された4人のうち、3名の名義になっている風俗店が計5店舗あり、それら店舗の営業を、許可を持っていない板倉容疑者が行っていた疑いがあるということのようです。

市議を務めたこともあり、実質的経営者とされている板倉容疑者は比較的ご高齢で、逆に名義を貸していたとされる容疑者に20代・30代が含まれています。

この名義貸しの図式ではありませんが、届出は店長・現場責任者が行って、背後にオーナーが存在するケースは多いものです。

今回の件はそうではなく、営業許可を受けていた3名が風俗店営業にほぼ関与していなかったということなのでしょう。

そうでないと、多くの風俗店が「名義貸し状態」の扱いになってしまいかねませんからね。

それにしても、記事タイトルに「元蒲郡市議ら…」とつけられてしまった板倉容疑者は、事件の中心人物でなかったとしたら、そのキャッチーな経歴のせいで損をした感じですね。

25年以上も前の市議経験によって、必要以上に風営法違反の逮捕歴を世に広めてしまったようなものですから、気の毒といえば気の毒です。

関連ニュース

コメントは受け付けていません。

ページTOPへ