風俗嬢狙い撃ちの投資詐欺 1億円だまし取った疑い -愛知-

医療関係会社の会長であると偽り、資産運用を持ちかけて金をだまし取ったとして、自称自営業の男が詐欺の疑いで逮捕されました。

風俗女性に投資詐欺 名古屋の男、十数人から1億円

派遣型の高級風俗店の若い女性従業員を狙って金をだまし取ったとして、名古屋・中署は25日、詐欺の疑いで、名古屋市瑞穂区春山町、自称自営業の島袋良容疑者(38)を逮捕した。署によると、島袋容疑者は、主に同じ店の「15、6人から3~4年間で1億円ほどだまし取った」と供述しており、裏付けを進める。

容疑では、2012年11月29日、同市中区の喫茶店に、派遣型風俗店で勤務していた女性(28)を呼び出し「資産運用して2年後に4倍にして返す」と持ち掛け、60万円をだまし取ったとされる。この女性は、同年8月から半年間で計500万円を渡したという。

署によると、島袋容疑者は、指名して知り合った女性に投資を持ち掛けていた。海外の高級ブランドの靴などを身に着け、金を払うだけで女性からサービスを受けないなど、金持ちを装って信用させていた。

大手医療関係傘下の会社会長などを名乗り、だまし取った金は生活費や借金の返済に充てていたという。

※10/30に投稿しました

嬢を狙い撃ちした詐欺事件

日払いが多くキャッシュフローに優れており、かつ職業を証したくない女性の多い風俗業界を狙い撃ちした詐欺事件のようです。

会社会長などと名乗り、女性を信用させるために、高級ブランドのバックや靴を身につけたり、時には性的サービスを受けずに金だけ払うなどして、富裕層であることを装っていたそうです。

記事にある現金60万円をだまし取られた女性(28)による被害届があったのでしょうが、容疑者の供述から、他にも15~16人相手に1億円ほどの余罪があるとみられていて、けっこうな規模の詐欺事件だったようですね。

なるほどこれだけの相手を騙せるならば、相手を信じこませるための高級ブランド一式など安いものでしょう。

詐欺事件の常として、被害者が堂々と被害者であることを公表するわけにはいかないケースがありますが、この事件も、騙す相手を高級風俗店勤務の女性従業員に絞っているところがポイントのようです。

また、喫茶店に呼び出して現金を受け取っていたようですが、書面の取り交わしなども曖昧だったのではないでしょうか。

風俗店の嬢であれば、金回りが良いですし、さらに立場的に職業を明らかにしたくない女性も多いですから、余罪があったとしても被害女性がすんなり現れない可能性が高そうです。

となると、遊興費、借金返済、被害者を信用させるための風俗遊びなどを得て、かわりに発覚している分のいくばくかを賠償して終わりという、加害者の一人勝ちといったことにもなりかねません。
納得いかないですね。

何か起きる前に啓蒙を

普段、業務に忙殺されていると忘れがちですが、とくにデリヘルなどは、なかなか危険な環境に女性を送り出す商売ですから、店は日頃から女性を護るための策を講じる義務を負っています。

何か起きるたびに逐一業務連絡を回すことは難しいでしょうが、せめてこういった嬢に関連深い事件などがあった場合くらいは、女性を預かる立場として、何かしら啓蒙の機会をもうけるよう心がけたいものですね。

関連ニュース

コメントは受け付けていません。

ページTOPへ