東京オリンピックで都内の風俗摘発はどうなるのか -東京-

列島が湧いた東京オリンピック開催決定に関連し、風俗業界関係者に限らず、頭の痛い問題が発生しそうです。

東京五輪でアキバ大浄化の波が来る!?

東京五輪の開催が決定し、日本じゅうが興奮と歓喜の声に包まれている。一方で、よく言われてるのが大会期間中のさまざまな規制だ。テロなどの警備対策はもちろん、外国人に“見られたくない”ものは、期間中、一掃される。

2002年の日韓ワールドカップ開催時、都内の繁華街で風俗店の大規模摘発が行なわたように、今回も2020年を前に都内有数のソープ街・吉原や新宿・歌舞伎町などで風俗店やそれに類するいかがわしい店舗の大規模摘発が予測される。一部メディアでは、今回の開催決定を受け、すでに「大規模摘発で都心の風俗壊滅」と報じ始めている。

しかし、「“本丸”は歌舞伎町や吉原ではない」と証言するのはある大手版元の漫画誌編集者だ。

「ズバリ、秋葉原の大浄化があるでしょう。日本最大の電気街には、期間中、多くの選手団や観光客がショッピングにやってくる。しかし、児童ポルノを連想させるアニメや漫画、ゲーム、各種グッズが平然と並んでいますよね。成人コミックを売る店では、裸の児童が描かれたポップやポスターで溢れています。ヒドイ店では、未成年の女児の体つきをした裸のラブドールが堂々と道路に面したショーケースに展示してあった。これは海外、とくに欧米の観光客や選手団に見られたら日本はもう終わりです。間違いなく、これらは警視庁が黙っていない。国会でも児童ポルノ法案の改定が議論されており、アニメ・漫画・CGなど二次元の規制に関しては慎重論もあり賛否両論ですが、五輪開催決定を受け、一気に『二次元も対象』という方向に流れると思います」

勝手に引用しておいて失礼な物言いなのですが、ソースがソースなので、話題としてご覧ください。

都内の性風俗はどうなる

2002年の日韓ワールドカップ時は、記事にある通り、都内のみならず各所で摘発がありました。

当時、私は幸いにも当事者にならずには済んだものの、そもそも国体レベルで摘発だなんだという話が出るのが風俗業界ですので、7年後の開催を前にどれだけ摘発という名の嵐が吹き荒れるのか、今から気が気でなりません。

お国柄もあるでしょうし、比較数値は各種あるので何とも言えませんが、ワールドカップよりオリンピックの方が大きいイベントのような印象があります。
私の周りの人達調べでは、興味が無いと観ないのがワールドカップ、興味が無くても観るのがオリンピック、といった感じです。

そんな数十年に一回といったクラスの大イベントですから、日韓ワールドカップ以上の大規模摘発を覚悟してしかるべきでしょう。

そして、そんな摘発にさらされてしまうと、やはり単店はツラいですよね。
グループ店であっても、横のカバーが効く体制や仕組みを敷いておく程度でしょうか。そこに注力が必要な度合いも微妙です。

なにより摘発回避の必勝法といったものは存在しませんし、色々な方面と良好な関係を築いておくしかないのかもしれません。

秋葉原の方がよほど危険?

記事にある通り、「秋葉原を浄化すべし」という声は、取り締まる側だけでなく、秋葉原に頻繁に通う方々からの意見としても、Twitterなどで目にしますね。

各人のつぶやきなどは、それは思うところは人それぞれありましょうが、世界水準で日本の児童ポルノまわりの状況を考えた時、明確にユルいという現実があり、そしてそれは、どうやら我々が考える以上に諸外国の許容範囲をオーバーしているという話も聞きます。

例えば、記事にあるような成人コミック店などのアダルト専門に限らず、日本人の、特に若い世代にとっては当たり前レベルのようなライトノベルのイラスト1つとっても、外国人観光客にとっては児童ポルノを想起させる、といったこともあるようです。

アニメなどでも、エロのタガが外れ気味な作品が許容されるようになって久しいようですが、まあこれは時代もあるのでしょう。

まあ児ポ関連の二次元規制などというネタは、正直難し過ぎて、私のような業界の末席を汚すだけの風俗屋がエラそうに語る話題ではありませんが、そうした状況を見るにつけ、確かに歌舞伎町や吉原以上に当局が手を入れざるを得ない対象である気もしてきます。

実際、女児が題材の二次元商品など見かけると、エロに比較的寛容であると自認する私でも、正直ドン引きします。
甥っ子や姪っ子、自分の子供の年代となると、さすがに気持ち悪いだけです。

タラタラと書き連ねて、結局は「性風俗業界関係者の欲目かよ」という話かもしれませんね。
児童ポルノ界隈と性風俗どちらを強く規制することになるかはわかりませんが、規制する側の労力も無限ではありませんし、出すぎたマネやルール違反をしている店は別として、マトモなお店や優良風俗店がとばっちりを受けるような事態は起こって欲しくないものです。

関連ニュース

コメントは受け付けていません。

ページTOPへ