新宿「客引き全面禁止」新規制条例 9月施行 -東京-

客引きの全面禁止などを盛り込んだ、新宿区の新たな独自条例施行まで、あとわずかとなりました。

新宿・歌舞伎町で「客待ち」も禁止に 9月に区条例施行

全国最大規模の歓楽街・歌舞伎町を抱える東京都新宿区で、路上の客引きを全面的に禁止する条例が9月に施行される。風俗店などだけでなく、カラオケ店や居酒屋まで対象を広げ、客引きのため路上に立つ「客待ち」も規制する。

都条例が衣服を引っ張るなど執拗な客引きを規制しているのに対し、新たな区条例は強引ではない勧誘や客待ち行為も禁止する。

だが区条例では違反者に対する罰則が設けられず、パトロール員などによる「指導」にとどまったことから、効果を疑問視する声も上がっている。

ご無沙汰しております。
お盆期間は毎年のことながら風俗界隈の摘発ニュースが控えめでして、当サイトも久々の更新となります。

このタイミングでサイトリニューアルを予定しておりましたが、何処もかしこも混雑するお盆シーズンに、柄にもなく家族サービスなどしたところ、あえなくエネルギー残量がゼロとなりましたので、延期となりました。

罰則無く効果に疑問

さて、件の新条例ですが、議会提出時に当サイトで取り上げた内容から、大きくは変わっておりません。

風俗店の客引きなど、業種を絞った規制は今や全く意味を持たず、居酒屋・カラオケといった一般サービス業の客引きも十分に悪質だとの声は多いようです。

客引きを目の敵にしている当サイトとしては(しつこいと言われても繰り返しますが)、居酒屋やカラオケの鬱陶しさは尋常でありませんし、ただただ忌々しい限りなので、勧誘・客待ちの全面禁止は大歓迎です。

罰則無く効果に疑問

引用元記事のリツイート状況や、前回の議会提出時のツイート・コメントを見る限りでは、当方と同じように「規制大歓迎」「GJ」といった反応が多いように見受けました。

しかしながら今回の条例では、既報通り違反者に対する罰則がなく、パトロールをするのは地元商店街の担当者らで構成される指導員であり、トラブル発生時には警察に通報する、という流れになり、当初から効果に疑問の声が上がっていました。

同様の条例は、都内ではすでに豊島区で先例があるとのことですが、その効果検証が公式発表に近い形で行われているソースが無いため、現状では何とも言えません。

字面だけを読んで大きな期待を持ってしまうとガッカリしかねない、という気もしますが、日本を代表する繁華街で、今回の取り組みがどのような影響を生むのか、実際に現地に行って体感してきたいと思います。

関連ニュース

コメントは受け付けていません。

ページTOPへ