キャバ嬢の写真修正「原形ない人も」

風俗店サイトでも最重要といえる女性のプロフィール写真に関して、キャバクラのカメラマンが修正事情を語っていました。

キャバ嬢撮るカメラマンが明かす写真修正事情「原形ない人も」

アベノミクスによる景気回復は、夜の街にも明るい光を差し込んでいる。不景気の煽りを受け沈んでいた風俗業界だが、客が少しずつ戻り、にわかに活気を取り戻している様子。そんな好機を逃すまいと、お客さんのハートをキャッチする“宣材写真”撮りに力を注ぐキャバ嬢も多いだろう。

客側としては、店外に飾られた写真と本人のギャップにガッカリ…というのは避けたいが、水商売の宣材写真は、“修正が当たり前”の世界。そのテクについて、ホストやキャバ嬢、風俗嬢などを撮影しているカメラマンに聞いた。

まずは、撮影テクから。キャバ嬢のプロフィール写真は、上から撮ったものが多いが、それってどんな理由から?

「上から撮ると顔のラインがすっきり見え小顔効果がありますし、上目遣いのほうがかわいく見えます。いろんな写真が並ぶ中でお客さんウケがいいんです。見上げるほうが、偉そうに見えないということもありますね。また、体を斜めにして撮っているのは、体が細く見えるようにするためです。胸を強調したい場合は、横から撮って胸が大きく見えるようにします」

では、聞くのがちょっと怖い修正事情は…? 撮影後の写真を見ながら、気になるか所をパソコンで修正しており、

・・・

記事はキャバクラ嬢を撮影するカメラマンなので、顔の修正は必須といったところのようです。

風俗の場合、顔を隠している場合がほとんどなので、そこまで繊細な修正技術が必要になることもない、というよりも毎回そんなことをしていられないのが実際ではないかと思います。

ただ、目だけを隠す写真の場合は、ほぼ素顔と変わりませんから、輪郭などを弄ろうと思えばそれなりの繊細な作業や面倒が発生しますね。

中には、薄くしたガウスぼかし(すりガラスのような加工)の下でも、黒目を大きくしたり輪郭を削ったりしているお店もあるようです。

ぼかしを入れる前に加工するので、多少手を抜いても適度なイジリであれば、すぐに判断はつかないのですが、逆に気が緩んでしまうのか、加工が雑すきてイジったことが丸わかりの場合もあります。

カラコン入れてもそこまで大きい黒目の人はいないだろう、といったような、明らかにおかしい状態の写真もあって笑えます。

写真修正は「客に対するウソ」

「写真修正」と言えば聞こえはいいですが、写真全体を明るくして見栄えを良くするなどではなく、女性のパーツ自体を弄るというのは、大げさな営業トークとは違って「お客様に対するウソ」であることに変わりないと思います。

また、客の食いつきを良くしたつもりが、一方で顧客満足のハードルを上げてしまう面もあるんですよね。

女の子の他店での経験などから、画像修正要望が内部からあがってくることもあると思いますが、作業だってタダではありません。
頻繁に入れ替えしなければならない写真の1枚1枚に余計な手間をかけるのは、店の作業全体を考えると、やはり優先順位を低く設定するべきです。

「店に一本電話を鳴らすため」と写真修正(というよりもむしろ加工)に勤しんでいるスタッフさんも中にはいるようですが、間違った努力の方向であると思います。

やり過ぎてしまえば「お客様」「お店」「女の子」の皆が損をするので、ほどほどにしておきたいものです。
可能ならば、まったく修正せずに済む方策を講じたいところです。

韓デリはウソじゃない?

ちなみに、韓デリでよくある「在籍みな同じ顔」は、写真修正がしっかりされているという認識が多いですし、事実そうなんですが、私が利用した時は、本人がしっかり「修正」された後だったので、写真とほとんど変わらない感じでした。
気持ち悪かったですけどね。

関連ニュース

コメントは受け付けていません。

ページTOPへ