デリヘルの届出で売春斡旋 経営者ら逮捕 -神奈川-

無店舗型性風俗として届出を行なっていたにもかかわらず、実際は売春のあっせんをしていたとして、デリヘル経営者ら4人が逮捕されました。

デリヘルと届け出ながら売春を斡旋 容疑で逮捕 神奈川県警

売春の斡旋(あっせん)や勧誘をしたとして、神奈川県警生活安全保安課などは5日、売春防止法違反(周旋)容疑で横浜市中区福富町西通のデリバリーヘルス「YOKOHAMA ハート&ハート」経営、萩原清行(50)=横浜市保土ケ谷区=と無職、佐野明(62)=東京都板橋区=の両方容疑者を逮捕した。また、同法違反(周旋目的勧誘)容疑で男2人も逮捕。佐野容疑者は「覚えていません」と容疑を否認し、萩原容疑者ら3人は認めているという。

萩原容疑者ら2人の逮捕容疑は、4月30日、同市神奈川区のホテルで、男性会社員(44)に女性従業員(32)を引き合わせ、売春の斡旋をしたとしている。

同課によると、同店は平成24年7月、萩原容疑者がデリバリーヘルスの営業届を出して、別の店名で営業を開始。しかし、実際は売春行為を行っていたとみられ、これまでに3千万円以上の売り上げがあったとみられるという。

周旋容疑の2人のほか、周旋目的勧誘で2人が逮捕されているようで、もしかしたら声掛けなど足のつきやすいスタイルで客を集めていたのかもしれませんが、それなら届出を出す必要もなさそうです。

届出を出せば風俗媒体に広告を出稿することが可能になるので、はじめからそこで客集めをして売春をあっせんする目的だったのかもしれませんが、それならわざわざ営業届と別の店舗名でなくとも構わないでしょうし、広告を出稿した店舗名で「あそこ本番店だよね」とうわさになる方が、社会的にはダメですが広告の効果はあるような気がします。

引用元記事があっさりしていて、かつ詳細を知っている人間が周りにおらず、どういった経緯での発覚なのかよくわかりません。

まあどのみちダメなこととはいえ、こうした営業をしてしまうと四方が敵だらけになってしまってタレコミされやすくなって大変そうです。

関連ニュース

コメントは受け付けていません。

ページTOPへ