女性を尾行して待機所で強盗 男が逃走中 -東京-

東京・渋谷で、派遣型風俗店の待機所に刃物を持った男が押し入り、従業員女性から現金3万2000円を奪って逃走中とのことです。

※6月2日追記:神奈川県平塚市の少年(18)が逮捕されました。
家出中だったそうで、逮捕時は茅ヶ崎におり、所持金は無かったそうです。
TBS News i

渋谷の風俗店強盗、容疑者の画像公開

29日夕方、東京・渋谷の雑居ビルで強盗事件があり、警視庁は容疑者の男の画像を公開しました。

画像は犯行現場の近くにあるコンビニエンスストアの防犯カメラが捉えたもので、黄緑色のシャツを着た男の姿が映っています。

警視庁によりますと、男はこの画像が撮影されたおよそ2時間半後の29日午後5時40分ごろ、渋谷区円山町にある雑居ビル2階の一室に押し入り、20代の女性にカッターナイフを突きつけたうえ、現金およそ3万円を奪った疑いが持たれています。女性にけがはありませんでした。

男が押し入ったのは風俗店の従業員が待機する部屋でしたが、事件前、他の従業員の女性が金を奪った男とよく似た男に尾行されたと話しているということです。公開された画像は女性が「尾行された」と証言した際のもので、警視庁は強盗事件として捜査しています。

ドライバーによる送迎がなく、女性が単身で待ち合わせ場所に赴く派遣型風俗店の場合、女性が尾行されて事務所の所在地がバレるという問題は、往々にして発生してしまうものです。

今回は強盗事件に繋がってしまいましたが、付きまといやストーカー行為に発展した事例もあります。

私が出入りしているお店の中には、繁華街やホテル街の近辺に事務所や待機所を設けているところも多く(事務所の立地選定として当たり前ですが)、客と別れてから必ず大回りで戻ってくるよう指示しているお店もありましたが、気休め程度の効果だというのが正直なところだと思います。

不心得者に本気で探ろうとされれば、完全な防衛策はないのが実情でしょう。

オートロックなどセキュリティがしっかりしている建物ですと、残念ながら風俗店の待機室としての利用を許可していないところがほとんどだと思いますし、店舗規模が大きくなればなるほど、女性の出入りごとに戸締りする手間というのは、なまなかではないのはないんですよね。気持ちはわかります。

ただ、他店から移ってきた女性で「他のお店ではしっかりやってくれていた」なんて現実があると、それが女性の輪の中で伝播してマイナスの空気を醸成されてしまうこともあったりで、あまりうまくありません。
お店が女性の安全をしっかり配慮してくれるというのは、やはり女性にとってはポイントが高いものです。

女性側にしてみれば1日にそう何度も発生する手間では無いですし、店側も安全配慮のアピールを含めて、むしろ「求人の一環なんだ」ぐらいに思えば、戸締りの煩雑さも面倒なばかりでは無くなるのではないでしょうか。

防犯とは話が離れてしまいますが、本当だったら、女性があまり待機室にいないくらい隙間なく仕事を入れられるような回転を目指したいところですけどね。

今回の事件では、かなり早い段階で容疑者の画像が公開されたようです。
コンビニエンスストアの防犯カメラ映像では、かなりハッキリと容疑者の姿が映されていました。

渋谷界隈はコンビニエンスストアに限らず、路上の監視カメラが多いようですので、早い解決が望まれます。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ