不法就労手助けし風俗店へあっせん ブローカーら逮捕 -東京-

直接タイまで行って就労希望の女性を募り入国させ、自身の経営する会社で雇用していると偽って就労資格を違法に取得し、静的マッサージ店で働かせていたとして、貿易関連会社経営者ら10人が逮捕されました。

就労資格手助け、タイ人を風俗店に ブローカーら10人逮捕

タイ人の不法就労を手助けしたなどとして、警視庁保安課は入管難民法違反容疑で茨城県つくば市梅園、貿易関連会社経営、森田俊哉容疑者(49)ら10人を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を認めている。

 森田容疑者は現地でタイ人の就労希望者を募って一緒に帰国。同社従業員と偽って東京入国管理局で就労資格を取得させ、東京都内の性的マッサージ店などで働かせていた。同課は少なくとも平成24年3月以降、1人当たり50万~80万円で20人程度の不法就労を手助けしていたとみている。

 逮捕容疑は、24年11月、タイ人女性が性的マッサージ店で働くのを知りながら同社従業員と偽り、就労資格を取得させるのを手助けしたとしている。

報道の映像では、大久保駅西口のガームラホンやSIRI(シーリー)といった店舗名が流されていたようです。
どちらも目と鼻の先のようですね。

タイ人の風俗店経営者も、スズキ・キティカ容疑者だったり、モリタ・オン・アノン容疑者だったりが報道によって分かれていましたが、これは同一人物で、森田容疑者の奥さんとのことです。

10人逮捕というとけっこうな捕り物に感じますが、うち8人は資格外活動でマッサージ店に勤務していたタイ人女性らです。

風俗店とはいえ、タイ古式マッサージともなると当方の範疇ではないとも思いますし、不法就労助長ほう助というのは、外国人風俗ではどうしてもついて回る話なので、念のため取り上げました。

お客さんとしてマッサージを受ける立場からすれば、施術者の雇用形態など正直なところ全く関係ないですし、経営者・従業員・客に被害者が存在しないように見えてしまいますが、真っ当に遵法営業している同業者が間接被害者としてワリを食うというのは、納得のいかない話です。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ