JKリフレ規制強化も実態変わらずいたちごっこ -東京-

JKリフレなど、先月より規制が強化された女子高生商売について、規制前とあまり変わらないとする記事がありました。

女子高生ウリ…有害リフレ、摘発逃れ無店舗型に

警視庁が、風俗営業法の規制対象外だったことから野放しになっていた男性客相手のサービス店「JK(女子高生)リフレ」の取り締まりに乗り出している。

労働基準法は18歳未満を有害業務に就かせることを禁じており、「JKリフレは有害業務にあたる」との厚生労働省の判断を得られたことが契機になった。ただ摘発を逃れようと、路上で男性客を誘ってデートする「無店舗型」が増え始め、実態はあまり変わっていない。

大勢の人が行き交う東京・秋葉原の電器店街の路上で4月中旬、高校の制服を着た少女(17)が、スーツ姿の男性らに「JK、30分4000円、60分7000円」と書かれたチラシを配っていた。最近増えている無店舗型のJKリフレだ。チラシを受け取ると、「一緒に出掛けない? メイド喫茶でも、ご飯でも、買い物でもいいから」と誘ってきた。

取材の意図を告げて少女に話を聞いた。千葉県内の県立高校を2年前に中退し、8か月前、友人に誘われ働き始めた。平日はほぼ毎日、自宅から電車で通い、午後4時から10時まで路上で男性に声をかける。デートは1日2~3人で、30~40歳代の会社員が多いという。

男性とは、ゲームセンターに行ったり、買い物に付き合ったり、街をただ歩いたり。性交渉を持ち掛けられることもある。「いざとなれば逃げればいいし、別に怖くないよ」と笑った。

少女を雇っている事務所は近くのビルにあり、男性が払った料金は、事務所と自分で折半する。収入は月10万円近くになるという。「一緒に10人くらい、働いているかな。風俗じゃないし、悪いことは何もしていない。稼げるので、他のアルバイトなんてできないよ」

「アルバイトの申し込みに来る女子高生は多いし、売り上げも落ちていない。取り締まりが強化されても、女子高生を売りにした業態はこれからも続くでしょう」

引用元記事に「女子高生ウリ」とありますが、女子高生の売春という意味ではなく、女子高生であることを売りにした…という意味だとはわかりますが、多分に恣意的なものを感じますよね。私もつられました。

警視庁が、厚生労働省判断を追い風としてJKリフレを「有害業務」として認定、店舗の摘発時には保護対象だった女子高生も補導対象になるなど、都内のJK商売は規制が厳しくなっていますが、実態は変わっていないよ、ということのようです。

ただ、規定を見直して対象各店に通達を行ったのが先月1日のことですから、それからわずか1ヶ月しか経っておらず、また実際に店舗型から無店舗型へのシフトを迫られ、集客しづらくなっている面もありましょうから、現時点で大きな変化を求めるのも早計に思えます。

デリヘルとは違う

JK商売も無店舗型へのシフト、などということを字面だけ眺めていますと、風営法改正に伴うデリヘルの隆盛とダブらせてしまいがちですが、やはり状況は全然違いますよね。

JKリフレが無店舗型になったところで、業としてNGを出されている商売によって税収が上がるわけもなく、営業店舗数の実態把握は困難になるばかりで、お上のメリットはなに一つ無さそうに思えてしまいます。

メリットが存在するとすれば、店舗は固定費減少による粗利率増加が見込めるでしょうし、店舗型ではしがらみもあってなかなか難しい女の子別の料金差異なども、比較的やりやすそうです。

あるいは、声をかける女の子自身の外見や営業力による実力主義傾向がより強まり、売れっ子はより上乗せ料金の提示も可能になっているかもしれません。自由市場バンザイですね。

と、結局のところ供給側に生まれるメリットの方が大きいような気もしてきます。

これが無店舗型と店舗型が混在するような市場であればともかく、規制が強まって横並びで無店舗になるしかない状況が発生したことで、かえってやることが明確になった感じもしますね。

お上に全くメリットが無さそうな話ですが、仮に暴力団との付き合いもないのに「みかじめ」を払う必要があったりするなら、お立場によってはメリットが発生するのかもしれません。

それは冗談として、まあ「やってはダメだ」とされている以上、安易な気持ちで参入するのは控えたほうが無難なようです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ