現役高校教諭のホテヘル嬢、身バレで懲戒処分 -大阪-

ゴールデンウィークに入り、風俗事件も格段に減ってきていますが、大阪府立高校の現役女性教諭がホテヘル勤務を理由に懲戒処分になるという、ちょっと珍しい報道がありました。

府立高校の29歳女性教諭、風俗店でアルバイト

大阪府教委は2日、風俗店でアルバイトをし、教職員の信用を失墜させたとして、府立高校の女性教諭(29)を停職6か月の懲戒処分にしたと発表した。

女性教諭は「生徒に対して大変申し訳ないことをした」と話しており、同日付で依願退職した。

府教委によると、女性教諭は昨年10月から今年4月までの計105日間、高校での勤務を終えた後や休日に、大阪市内の無店舗型風俗店で働いて計約160万円の収入を得ていた。

今年3月中旬、女性教諭の風俗店勤務を告発する匿名のメールが府教委に届き、発覚した。府教委が事情を聞いたところ、女性教諭は事実関係を認め、「衣服や化粧品の購入で約200万円の借金があり、短期間で高収入が得られると思った」と話したという。

女性の勤務先が勤務先ですし、借金の額や理由も同情の余地がないとはいえ、大々的に報道され過ぎな気がします。

Yahoo!トピックスで「風俗」の文字を見かけるのは、けっこうレアですよね。
もう気の毒としか言えません。

現役高校教諭の働くホテヘル

いろいろなところで話題になっているようです。マンガや小説で見かけるような、よくある妄想を具現したような展開ですから、男子が各所で胸を熱くしている気持ちもわかります。

例によって個人特定を頑張っている方もいらっしゃるようですが、やめといてあげて欲しいものです。

風俗店側は、女性の素性を把握していたのでしょうか。
まあ知っていたとして、まさか正直に「現役高校教諭」とは売り出せないでしょうが、もし知っていたとすれば「言いたくて仕方ない」というスタッフさんもいらしたでしょうね。

身バレのきっかけは匿名のメールによる告発で、女性教諭の実名や店舗名などが記載されていたそうです。
裏にあった展開など、つい色々と想像してしまいそうになります。

マンガや小説の定石プロットなら、こうした事実を掴んでからが本番だと思うのですが、告発メールを送って女性教諭の人生壊して終わりとは、なんだかむしろ冷徹さが感じられますね。
好みのタイプではなかった、ということでしょうか。

職業に貴賎あり

女性教諭のアルバイト先がコンビニエンスストアか何かだったら、停職6ヶ月という懲戒処分もなかったでしょうし、その前に我々が事件を知る機会もなかったと思います。

公安委員会に正式な届出をして、プライドを持って職務にあたっていたとしても、一般的な認識としては、なんというか「職業に貴賎あり」ということなのでしょう。
切ないですね。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ