規制進む風俗案内所 全店締め出しも -京都-

徐々に締め付けがきつくなってきている風俗案内所ですが、京都府警の方針は今まで以上にキツいものになりそうです。

風俗案内所いりまへん、京都府警が規制条例策定へ

お茶屋や料亭などが並ぶ京都の祇園と木屋町地区に、風俗店の無料案内所が増えていることから、京都府警は、府内全域を対象に営業を規制する条例をつくる方針を固めた。学校や病院などからの距離制限を設けるなど厳しい内容で、両地区の25店をすべて締め出す考えだ。案内所の規制条例は3都府県にあるが、既存店に一度に網をかける例はなく、府警は「古都ならではの風情を守る強い決意を示す」と強調。年内の施行を目指している。

祇園の一角。「無料案内所」と書かれた派手な看板がまぶしく光り、店先の道路にのぼりが並ぶ。のれん越しには、店内に張られた女性の写真が見える。

「かわいい子がいるキャバクラ、ありますよ。どうですか」。黒服の男たちが、通行人に声をかけている。案内所の従業員だ。

府警によると、京都の顔とも言える祇園や木屋町に案内所ができたのは2002年。風俗店の客引き行為の取り締まりを強化した頃だった。06年には、公共の場でのしつような客引きを禁じる改正府迷惑行為防止条例が施行され、風俗店の“代理”として広がった。

案内所を巡る苦情や規制を求める声は強まっている。祇園でお茶屋を経営する女将は「かつては、ベンガラ格子のお茶屋と置屋が立ち並ぶ通りでした。風情が崩れて、みんな泣いてはります」と言い、お茶屋でつくる祇園甲部組合の職員は「祇園の雰囲気を損ねている。観光客もいい顔をしないでしょうね」と話す。

府警によると、案内所の規制条例があるのは、06年2月に初めて施行した大阪と、東京、広島の3都府県。いずれも、主に、店外から見えるいかがわしい写真や用語の掲示などを禁じている。施行後も店が増えた大阪では昨年4月、性風俗店の紹介を全面的に禁じ、学校や病院などからの100メートル以内を営業禁止区域とする改正条例を施行した。

京都府警が想定する条例案でも、性風俗店の紹介を禁じ、営業禁止区域を学校などの周囲200メートルと広くする方針。これで、祇園、木屋町両地区は全域が禁止区域となる。また、3都府県では、出店を公安委員会への届け出制にしているが、「お墨付きをもらったと思われても困る」(府警関係者)として盛り込まないという

3月にも、規制について府民から意見を募り、条例案を府議会に提出する。

思わず全文載せちゃいました。なかなかに厳しい態度で臨まれるようです。

しかしながら大きな視点で見れば、観光地としてボディーブローのように効いてくる景観の破壊と、税金が入ってくるんだか来ないんだかわからない風俗業界の収益とでは、天秤に乗せるまでもないのかもしれません。

過当競争になれば、無意識のうちにでも必要以上の無茶をする方々が比較的多い業界でもありますし、同界隈で店舗を営む他業種の方々や、通行人までが迷惑しているともなれば、仕方がないところでしょう。

全国的に広がっていくこの流れは、ちょっとやそっとじゃ止まりそうにありません。

関連ニュース

One Response to “規制進む風俗案内所 全店締め出しも -京都-”

  1. […] 先にご紹介した無料案内所規制や暴力団排除強化など、風俗まわりでなにかと動きのある京都府ですが、今度はガールズバーの急増を受けて風営法違反での摘発をしたとのことです。 […]

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ