JKリフレを利用した客に罰則はあるか

JKリフレで、客としてサービスを受けたら捕まるのか?という疑問に弁護士が答える記事がありました。

女子高生が接客する「JKリフレ」の摘発相次ぐ 客も罪に問われるのか?

制服姿の女性が客に密着してマッサージなどを行う「JK(女子高生)リフレ」と呼ばれる店が問題になっている。今年2月には、18歳未満の少女に個室でマッサージさせたとして、警視庁は都内にあるJKリフレ4店舗の経営者ら4人を労働基準法違反の疑いで逮捕した。

JKリフレは、数年前から東京・秋葉原を中心に次々と出店。制服姿の女性が男性客の背中に馬乗りになってマッサージをしたり、ひざ枕で耳かきをするサービスで反響を呼んでいる。中には、「本物」の18歳未満の少女が、添い寝やハグのほか、性風俗まがいの「裏オプション」で接客する店もあるという。

このような状況の中、警視庁では4月に入ってから、JKリフレで働く18歳以下の少女を「補導」の対象とする方針とした。4月4日には、秋葉原のJKリフレ店で働いていた少女らが補導されている。では、少女が18歳未満であることを知りながらサービスを受けた客が、なんらかの罪に問われることはないのだろうか。元検事で、刑事事件に詳しい落合洋司弁護士に聞いた。

・・・

いろいろと前提があるにせよ、今回の警察の摘発根拠が労働基準法であり、その場合、禁止規定は「使用者」に向けられるため、お客さんは処罰対象にならないという見解のようです。
無理に少女の身体をさわるなど、よほど行儀の悪いことをしなければ、まず問題ないと。

もっとも、JKリフレ自体が摘発対象になったのも、サービスがエスカレートすることを懸念してのことではありましょうし、実際に逸脱行為もあったようです。
そうした逸脱行為、といいますか淫行に準ずるようなことがあれば、いわゆる青少年保護育成条例での罰則というのはあるでしょう。

東京都では、JKリフレに関わる少女ら自体が保護対象から補導対象になり、業態そのものの生き残りなど含め、今後どういった展開になるのか混沌としているようです。

「自分は客だから安心だ」と油断して「18歳未満とは知らなかった」と供述するような事態には陥りたくないものです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ