強引な客引きで無許可の店舗型風俗営業 9人逮捕 -千葉-

強引な客引きで集客をし禁止地域で店舗型風俗を営業していたなどとして、9人が風営法違反の現行犯で逮捕されました。

千葉・船橋市で無許可で店舗型風俗店営業 店長ら9人逮捕

千葉・船橋市で、無許可で店舗型の風俗店を営業していたなどとして、店長ら9人が千葉県警に逮捕された。

逮捕された風俗店「ROT」店長・伊藤祥司容疑者(45)と藤田光紀容疑者(46)、「タンポポ」店長・呂明涛容疑者(30)は、船橋市の風俗営業が禁止されている地区の雑居ビルで、従業員の女性らに性的サービスをさせていた、風営法違反の現行犯で逮捕された。

千葉県警によると、この2店舗は、1年ほど前から営業を始めていて、強引な客引きで1日に10人ほど客を呼び込んでいたなどとして、客引きの女ら6人も逮捕された。
千葉県警は、売春防止法違反の疑いも視野に捜査する方針。

フジの独占だったようで、摘発を受けている事務所の様子や、女性が客引きをしている様子などが、1分近くにわたり放送されていました。

確認した限りでは、Web媒体での広告は全くと言ってよいほど打っておらず、そのほとんどを客引きに頼っていたようです。

デリヘルの届けを隠れ蓑にしたケースや、出会い系の悪用、エステを装った違法な店舗型風俗がいわゆる昨今のスタンダードな型だとすれば、随分とクラシカルなアウト事例に思えます。

あと、風俗だろうと居酒屋だろうと、客引きという存在の絶滅を切に願ってやまない次第です。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ