スカウト行為や客待ちを規制 県警が改正案 -静岡-

少し前に、静岡県迷惑防止条例の改正案について方針が発表されていましたので、取り上げておきます。

メール、電話の嫌がらせ規制 迷惑防止条例、県警が改正案

県警は見直しを進めていた県迷惑防止条例の改正案に、メールや電話による嫌がらせの禁止規定を盛り込む方針を固めた。ストーカー規制法では摘発できない近所や仕事上のトラブルが原因のつきまといも取り締まり対象になる。3月にパブリックコメント(意見公募)を行い、県議会6月定例会に提出する予定。21日までの関係者への取材で分かった。

神奈川県逗子市で昨年起きたストーカー殺人事件では、連続メールに関する規定がないストーカー規制法の不備が指摘された。同法は対象が「恋愛感情」を原因とする行為に限定されるという盲点もある。県条例改正が実現すれば、こうした課題解決に道筋がつく。

改正案は、「反復したつきまとい行為等の禁止」という条項を新設した。待ち伏せ、無言電話、連続メール、不快にさせる物の送付などの嫌がらせを禁じた。違反者には6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金を科す。

条例の名称が、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」から、一般にも馴染みやすい(?)「県迷惑行為等防止条例」になることもあわせて発表されました。

主に「無言電話や連続メールなど反復したつきまとい行為の禁止」という、ストーカー規制法の不備をカバーする形を盛り込んだ部分がポイントのようですね。

風俗業界に関わる部分では、路上でのスカウト、風俗店への呼び込みのための客待ち行為が禁止されることになりそうです。

風営法の客引き行為規制などはある程度わかりやすいですが、迷惑防止条例は、各都道府県によってガイドラインがまちまちな面もあり、関係者は改正後しばらくは探り探りでの活動となりそうです。

具体的な改正内容が発表になりませんと何とも申し上げられませんが、条例改正直後は非常に静かだった客引きが、今となっては改正前とほぼ変わらないテンションで声をかけるようになっている地域も少なくないですよね。

現時点の発表で言及されているのは、スカウトと客待ち行為ということですが、立っている場所が「路上」はダメなら「敷地内」だったら?など、例のごとく綱引きが展開されそうです。

ただ、如何せん繁華街浄化対策が進められている最中でもあり、つい先日も風俗案内所を悪用した事件が発生していたこともあって、当面は規制強化が弱まる気配は無さそうです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ