警視庁警部補を売春店共同経営の疑いで逮捕 -東京-

売春クラブを運営していた疑いで、警視庁の警部補らが逮捕されました。

売春店経営の疑い 警視庁の警部補逮捕

警視庁の45歳の警部補が、中国人の女とともに、東京・大田区のビルで客に売春をさせる店を経営していたとして、売春防止法違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、警視庁万世橋警察署・刑事組織犯罪対策課の警部補、垣副朋彦容疑者(45)と、中国籍の姜丹容疑者(35)です。
警視庁によりますと、垣副警部補と姜容疑者は東京・大田区のビルで、客に売春をさせる店を経営していたとして、売春防止法違反の疑いがもたれています。
店は1年ほど前から営業していたとみられ、警視庁が捜査を進めたところ、部屋から垣副警部補の名刺が見つかったほか、垣副警部補が合鍵を持って月の半数近くをこのビルで過ごしていたことが分かったということで、警視庁は売り上げなど店の実態を調べています。

警視庁によりますと、2人はいずれも容疑を否認し、垣副警部補は「売春が行われていたことは知っていたが、経営には関わっていない」と供述しているということです。
また、警視庁はこれまでのところ捜査情報の漏えいなどは確認されていないとしています。

警察官の逮捕について、警視庁は「言語道断の行為であり、極めて遺憾です。今後、捜査を徹底し、厳正に対処したい」としています。

身内の犯罪にも関わらず、容疑者の名前が即刻公表されているということは、ほぼクロで間違いないという判断なのでしょう。

万世橋警察署の警部補どのであれば、普通に考えれば大田区のビルにはそうそう用事は無さそうなものですが、部屋から名刺は出てくるわ合鍵は持ってるわ、月の半分は店に出入りしているわで、これだけ色々な状況証拠が出てしまっている以上、外部から見ていても、なかなか弁明の余地はなさそうだと感じてしまいます。
事実がどうであれ。

といったわけで、今年もボチボチと出始めてきた「中国籍+個室マッサージ+売春」の摘発事例ですが、果たしてこの1年で、あと何回この手のニュースを目にすることになるのでしょうか。

あまりに小規模案件の場合、今年もいつも通りスルーの可能性がありますので、予めご了承ください。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ