松島新地の買春事件でスカウト代表逮捕 逮捕者11人に -大阪-

松島新地の料理店「美人座」「愛花」経営者やスカウトらが逮捕された事件に絡み、スカウトグループ「Rグループ」代表者らが新たに逮捕されました。

スカウトグループ 代表ら容疑で逮捕 松島新地の売春事件 大阪

大阪市西区の繁華街・通称「松島新地」の料理店で女性が売春をさせられていた事件で、府警保安課は28日、売春防止法違反容疑で女性らのスカウトグループ「Rグループ」代表、西村暢一郎容疑者(28)=住所不定=ら3人を新たに逮捕したと発表した。逮捕者はこれで11人。

府警によると、西村容疑者らのグループはキタやミナミで女性らを勧誘し風俗店に斡旋(あっせん)。月給の15%を仲介料として受け取っていたという。ヤミ金も営んでいたとみられ、府警は集めた金が暴力団に流れた可能性もあるとみて実態解明を進める。

西村容疑者の逮捕容疑は昨年2~5月、実質経営する松島新地の料理店「美人座」で、22歳の女性2人に売春させたとしている。容疑を認めているという。

松島新地では美人座など料理店2店舗が売春斡旋の容疑で摘発されている。

なんだかんだで、キタ・ミナミで性風俗店紹介スカウトを行なっていたグループの代表まで逮捕されることとなりました。

スカウトグループは、同時にヤミ金を経営していた疑いがあるとみられているそうです。

その他、女性が巨額の金を使う場所あたりともつながりはあるのでしょうが、こちらの摘発というのはなかなか難しそうです。

ヤミ金・スカウト・性風俗と揃いましたので、あとは暴力団への資金の流れが解明され摘発の手が伸びれば、晴れてマンガン確定といったところでしょうか。

売春に絡む事例はここ数年増加傾向ですが、それにしても飛田新地のガードは相変わらず堅いようですね。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ