キタの無許可ビキニガールズバー摘発 -大阪-

ガールズバー摘発事例が多い大阪・キタで、水着での接待を売りとするガールズバーが摘発されました。

水着で接待 無許可のビキニガールズバー摘発 大阪・キタ

風俗営業の許可がないのに、店内でビキニ姿の女性に接待させたとして、大阪府警保安課は22日、風営法違反(無許可営業)容疑で大阪市北区堂山町のビキニガールズバー「DIESEL(ディーゼル)」経営、藤尾泰寛(26)と、店長の金森広樹(32)の両容疑者を逮捕したと発表した。

逮捕容疑は21日午後5時45分から25分間にわたり、同店内でビキニ姿の20代の女性従業員2人に、男性客3人を接待させ、飲食物を提供したとしている。「長時間継続して接待しなければ大丈夫と思った」などと供述しているという。

府警によると、同店には20~26歳の女性9人がビキニ姿で勤務。ボックス席はなく、カウンター越しに接客していたが「水着で歓楽的な雰囲気をかもして客と会話しており、カウンター越しでも接待にあたる」と判断した。

※容疑者の居住地のみ削除

水着姿で25分間にわたり接待というのは、大阪府警が設けたガイドラインである「カウンター越しの談笑でも20分以上であれば接待にあたる」という内容からも外れてしまっており、実態はさらに長時間の接客が行われていたと考えられるため、摘発もやむなしと言えそうです。

昨年2月に、ガールズバーでアルバイトをしていた従業員の女子校生が死亡した事件が発生して以降、大阪府警はかなり多数のガールズバーに対して上記のガイドラインとともに警告を行なってきています。

今回摘発されたDIESELは、事件発生以前から営業していたようですが、指導や警告は受けてなかったのでしょうか。

まあガールズバーに関しては、指導の厳しさが増したとはいえ、飲食店の許可による違法な深夜営業のメリットと、摘発を受けるリスクというデメリットが、いまいちアンバランスな感じもあり、その辺にうま味を感じる人は一定数いるのでしょう。

逮捕を厭わない方々にとっては、あとは摘発されるまでの期間の問題のみなわけで、短期での投資回収や、摘発後の出直しまで見越して営業の初速を考えてそろばんが合ってしまえば、これからも違法を承知で飛び込む人はいそうです。

ただいずれにしても、こうした業態はもう「かなり危ない橋」になってしまった印象ですね。

お店はしばらく営業を停止するそうですが、現時点では再開を目指しているような雰囲気です。
固定客も出来たので、みそぎを済ませたのちに第三者を立てて2号営業による再出発、というビジョンですかね。

ちなみに全然関係ありませんが、関係者の中に、もと格闘技方面のかたいらっしゃいますかね。勘違いなら良いのですが。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ