川越の性風俗店を売春防止法違反で摘発 -埼玉-

川越のデリヘル店長ら2人が、売春防止法違反と風営法違反の現行犯で逮捕されました。
年が明けてから、暴力団と売春に絡んだ話題しか出てきていないような気がします。

従業員に売春させる 埼玉・川越の性風俗店を摘発

従業員に売春させたなどとして、埼玉県警生活環境1課と川越署は17日、売春防止法違反と風営法違反の現行犯で、埼玉県川越市の性風俗店「憩い」店長、金子森一郎容疑者(42)を、同幇助(ほうじょ)の現行犯で中国籍の従業員、崔(チュイ)波(ボ)容疑者(29)を逮捕した。

同署によると、金子容疑者は「どんなサービスをしたかは知らない」と容疑を一部否認。崔容疑者は「性的サービスはしていない」と否認している。

逮捕容疑は、平成24年10月16日から今年1月16日の間、計4回、川越市松江町のマンション内の同店個室で、崔容疑者ら女性従業員に性的サービスをさせたとしている。

まだオープンから半年程度のお店のようですが、容疑に10月16日から4回にわたり、マンション内の個室で性的サービスをさせたとありますので、けっこう早い段階で行き詰まってしまい、違法営業に手を出したのかもしれません。

記事上では明確な表記がないのですが、個室で性的サービスを提供したのは風営法違反(禁止地域営業)で、その他に管理売春の疑いが持たれている、ということでしょうか。
引用したソース以外に、当該事件についてのそれらしき報道が見当たらないんですよね…。

該当すると思しきお店のサイトを見る限り、普通のデリヘルとお見受けしたのですが、従業員である崔容疑者は、性的サービスの提供そのものを認めていないようです。

まあおそらく「マンションの個室では性的サービスはしていないよ」ということなのでしょうが、何だかハッキリしない記述で、よくわかりません。すみません。

おそらく多くのお店にとって、これからしばらく、気温的にも客の入り的にも寒い日々が続くことが予想されますが、苦しい時こそ「わるいこと」の誘惑に駆られがちです。

これからの季節をうまく乗り越えたいものですね。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ