風俗店の摘発情報漏らした警官ら書類送検 -兵庫-

元警部補にそそのかされ、内偵していた違法風俗店の摘発情報を漏らしたとして、生活安全課の警官ら3人が書類送検されました。

風俗店摘発情報、県警OBに漏らす 警官3人書類送検

元同僚に唆(そそのか)され、摘発前の風俗店の捜査情報を聞き出され漏らしたとして、兵庫県警は17日、地方公務員法(守秘義務)違反容疑で県警生活環境課の男性警部補(52)ら現職警察官3人と、同法違反(唆し)と犯人隠避の容疑で県警OBの元警部補の男(62)を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

書類送検されたのは警部補のほか、同課の男性巡査部長(40)と男性巡査長(33)。3人は同課で風俗店捜査を担当。OBの元警部補も定年退職した昨年春まで同僚だった。県警は3人を近く処分する方針。

捜査関係者によると、3人の容疑は昨年10月、元警部補に翌11月の捜査状況を尋ねられ、捜査情報を漏らした疑い。警部補は電話で摘発予定を聞かれ「明石のほう」と答え、ほかの2人は元警部補に会食に誘われ、「次は西明石(の店)か」と問われ、「そうです」などと応じたという。

元警部補は、3人に接触後の昨年10月に2回、明石市で違法個室マッサージ店を経営していた女性(50)に携帯電話のメールで「しばらく店を閉めたほうがいい」と送信。店は急に閉店し、店名変更後の今年2月、約3カ月遅れで摘発された。

この事件で押収された女性の携帯電話から、元警部補とのメールの文面が見つかり、容疑が発覚した。元警部補は約4年前、別の事件で女性と知り合い、10月初旬に女性から「西明石の店が内偵されている」と相談を受けたという。

元警部補は客として同店を数回訪れており、調べに「何度か料金の割引を受けたのがばれるのが怖かった」と供述。現役時は、捜査技術が高い捜査員が選ばれる技能伝承官だった。県警は元警部補が過去に担当した事件を調べたが、情報漏えいはなかったとしている。

警察官3人は「先輩からの仕事の激励と思い、答えてしまった」と容疑を認めているという。

自民党の圧勝に終わった選挙報道で埋め尽くされている感がありますが、政治と全然関係ない事件というのも相変わらずあるようで。

摘発情報を聞き出し店に伝えたという元警部補だけは、一部で実名報道されているようです。

捜査情報漏らしたとして兵庫県警警官ら書類送検 │ YOMIURI ONLINE

元警部補である清田容疑者は、昨年3月に退職しているそうですが、内偵があった店の経営者とは4年前に知り合っているそうで、3年前からは客として店に通っていたということです。

風俗捜査技術の高い優秀な警察官だったそうで、おそらく敵の懐に入り込んでの濃い情報収集というのを得意としていたんでしょうし、その功績も大きいのでしょうが、最後に「テメェの下半身事情のために税金使った捜査を無駄にできる人」として、わかりやすいほどに晩節を汚してしまいました。

結局のところ、登場人物の警官・元警官4人が書類送検され、摘発を免れた女性経営者は罰金50万円の略式命令を受けた後に中国に出国して連絡が取れないという、違法風俗店だけが逃げ切ったような図式になっていることもあり、何だか地味にフラストレーションの溜まる事件です。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ