従業員の死体遺棄容疑で風俗店役員ら5人逮捕 -新潟-

風俗店に住み込みで働き、3日に死亡した29歳の男性従業員の遺体を遺棄したとして、風俗店運営会社の役員ら5人が逮捕されました。
遺体には殴られたような跡があり、暴行の疑いもあるとみて調べを進めているようです。

死体遺棄容疑で男5人逮捕・三条

死亡した従業員を遺棄したとして三条署は5日、死体遺棄の疑いで三条市、風俗店経営で会社社長の容疑者男(42)ら5人を逮捕した。

ほかに逮捕したのは、いずれも同所、同社従業員の31歳男、31歳男、37歳男と、上越市の同社従業員で35歳男の4容疑者。5容疑者は5日午前、同署に自首した。

逮捕容疑は3日、三条市の同社事務所で従業員の男性が死亡したにもかかわらず、死体を事務所の倉庫に遺棄した疑い。

同署によると、男性は死亡当時29歳とみられ、遺体は顔面が腫れていた。「死んだので倉庫に移した」「(男性を)殴ったことがある」と供述している容疑者もいる。同署は男性の身元や死亡原因などを調べている。

現場は一部2階建ての事務所兼住宅で、男性は、会社社長の42歳容疑者やほかの4容疑者と共に住み込みで働いていた。事務所と居住スペースと倉庫は1階にあり、アコーディオンカーテンで仕切られていた。

亡くなった男性従業員への暴行をほのめかす供述をしている容疑者もいるようで、引用記事にある通り、遺体の顔には殴られたような痕があったそうです。

現在、死亡原因を調べている最中とのことで、適当な決めつけは出来ませんが、状況からしてトラブルが無かったとはなかなか考えづらいですね。

風俗店の事務所というのは、とかく少人数による運営体制を取るしかないケースが多く、入れ替わりの激しい女性従業員(コンパニオン)を除くと、いわゆる「社内交流」というものが数人の間だけで完結し、外界と関わる機会がほとんどなくなってしまうこともザラです。

そうした小さなコミュニティにおいて、仮にいじめや暴行などの犯罪行為が行われたとしても、いち従業員としては、自らの生活に不安があるなどすれば尚の事、逆らったり異を唱えたりといった行動を取ることが難しく、集団心理に流されてしまう状況というのは、正直なところ幾度か耳にし、目にしてきました。

こうした犯罪行為は、主犯的な加害者は得てして淘汰されにくいものです。
また、業界特性とは言いたくありませんが、精神的成熟の足りない者、どこか他業界で務まらず「流れ着いた末」の者などが、若干高めの割合で存在しているのも事実と感じます。

従業員間でのトラブルが事件に発展するケースは、当サイトでも年間数例は取り上げています。
ただ、当サイトで取り上げるような事件になってからでは遅いわけで、心当たりの有る方は、被害者加害者いずれも、目先の生活云々ではなく、なりふり構わず行動することも考えておく必要があると思います。

3日に亡くなり、5日朝に5人が自首したそうですが、空白の丸一日で何が行われたんでしょう。

亡くなった男性のご冥福をお祈りします。

11月7日追記
遺体で見つかった男性の死因は、肋骨が折れたことによる気胸に加え、強い拘束による呼吸不全の可能性があり、複数の肋骨骨折、顔面や太ももの皮下出血があったそうです。

暴行後に懊悩、逡巡を見せて自首という、この一連の流れが計画的に行われていたら相当怖いですが、おそらくは加減が分からないまま暴行が行われた、プロによる暴行ではなかった、ということでしょう。

容疑者は、出頭時「人が死んでしまった」と話したそうです。
自分たちの行為が自分たちで信じられなかったり、認めたくない気持ちから出た言葉に思えます。

人は本当に簡単に死にますからね。
そこに現実感を持てなくなったらオシマイです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ