デリヘル実質経営の消防士が暴力団と共謀し恐喝未遂 -静岡-

児童福祉法違反で摘発されたデリヘル経営者から上がりを奪い、逃げた経営者の内縁の妻から現金を脅し取ろうとした消防レスキュー隊員が、恐喝未遂の容疑で逮捕されました。

恐喝未遂容疑 富士宮市消防士を逮捕

暴力団員と共謀して知人の女性から現金を脅し取ろうとしたとして、県警捜査四課と沼津署などは十九日、恐喝未遂の疑いで、富士宮市消防本部から県消防防災航空隊に出向している同隊主査の坂井聖(ひじり)容疑者(37)=静岡市葵区瀬名川三=ら五人を逮捕した。

ほかに逮捕されたのは富士宮市万野原新田、暴力団員村井和弘(32)、富士市松岡、会社員小泉直也(29)、同市森島、建設業高橋義将(29)、富士宮市山宮、風俗店員菅井拓海(30)の四容疑者で、いずれも容疑を否認。坂井容疑者の認否は同日夜に調べるという。

逮捕容疑では十月上旬の深夜、共謀して県東部の飲食店駐車場で、県東部在住の二十代女性を「おまえから落とし前を取る」「ソープに沈める」などと脅し、千数百万円を要求したとされる。

同署などによると、坂井容疑者は県東部の派遣型風俗店(デリバリーヘルス)を実質的に経営。女性の内縁の夫で同店店長を務めていた秋山龍太容疑者(28)=児童福祉法違反容疑で逮捕=に売上金を上納させていたが、秋山容疑者が九月下旬に行方不明となり、女性に肩代わりを要求した。

県警は同日、富士宮市役所や坂井容疑者らの自宅などを家宅捜索。今後、同店への暴力団の関与や資金の流れを調べる。

富士宮市消防本部消防総務課によると、坂井容疑者は一九九四年に採用。中央消防署などでの勤務約二十年間の半分を救助畑で過ごし、富士山での遭難者を助ける山岳救助隊にも所属。隊長の補佐役だった。十九日も富山県での登山訓練に参加し、下山したところを捜査員に逮捕された。

同市の須藤秀忠市長は十九日、市役所で本紙などの取材に応じ、「市民に申し訳ない」と陳謝。「市の最高責任者として責任の重大性を感じている。さらに綱紀の粛正を図る」と話した。

現時点での登場人物と容疑を要約すると、以下になっているようです。
デリヘル経営消防士が恐喝未遂容疑

坂井容疑者の職場も含めて、計27ヶ所の家宅捜索があったそうですから、坂井容疑者を知る人物には隈なく知れ渡ったことでしょう。

坂井容疑者は、職場では仕事熱心で知られていたようで、上司や同僚らは口をそろえて「職場の姿からは全く想像できない」とショックを受けているとのことです。

ただ、沼津署の説明によると、もともとデリヘルを経営していた秋山容疑者に対し、消防士でもある坂井容疑者が「俺の縄張りで勝手に営業した」「上がりはすべて持ってこい。代わりに月数十万の給料をやる」といって経営を掌握(というより強奪?)したようです。

「仕事熱心な消防士」と言われても、即座には信じられないほどの反社会っぷりが伺えるのですが、実際はどうだったのでしょうね。

さらに、上がりの少なさを理由に、秋山容疑者を建設作業員として働かせ、その給料から上がりの不足分を払わせており、結果として秋山容疑者に飛ばれたそうです。結構なやり口です。

今回の件はともかく、店舗運営に他人が絡むと、なかなか難しいものですね。

運営を人に任せることは、場合によりとても合理的なんですが、同時にトラブルのタネは増えます。
運営を任せるまでいかずとも、スタッフが1人増えれば、トラブルにつながる可能性はグンと増えます。

こればかりはもう仕方がなく、事前にすべての要因を摘んでトラブル無く運営なんて、ほぼ夢物語でしょう。

退職手続きの有無は別として、いろいろ任せていた店長がいなくなったというのは、実際にどこの世界でもよくあることですし、今回の事件にしても、結局のところは反社会的勢力との関わりが大きな原因だったようにも思えます。

法律の観点を無視すれば(無視するなという話ですが)、ケツ持ちを依頼することで、当初の店舗運営がスムーズに進むと考える人はいますし、現実としてそういったケースもあるでしょう。

どこで運営するかによって、所轄の生安や担当者も違ってくるので、中には面倒くさそうに対応してきて「この人じゃダメだ」と思わせてくれる人は、いまだにいますからね。

ケツ持ちにしても同じで、中には質の悪い人や組織もあります。
まあ、ケツ持ちに質の良いも悪いも無いのですが。

いくら正論を振りかざして暴力団など反社会的勢力につっかかったところで、実際の被害に合うのは店じゃないか、という気持ちもわからなくはないです。

もちろん必要以上につっかかる必要はありませんし、そこをどう静かに交渉するか、くらいは考えなければなりませんが、一番心配なのは、最初の要求を突っぱねられない人が、次の要求があった時に突っぱねることが出来るのか?ということです。

今は風潮や法律・条例のバックアップもあります。
トラブルの解決のために、さらに大きなトラブルのタネを背負い込む、というのはやめておきましょう。

13年1月15日追記
初公判で坂井被告は起訴内容を認め、検察側は懲役1年を求刑、弁護側は執行猶予付きの判決を求めたそうです。

13年1月25日追記
1月24日の判決公判で、小松香織裁判官は坂井被告に懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡したとのことです。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ