詐取した収益から上納金 稲川会幹部を逮捕 -東京-

今年3月、風俗料金をカード会社に不正請求したとして逮捕された事件が発端となり、稲川会幹部が逮捕されました。

カード不正請求:上納金受け取り、稲川会幹部逮捕 容疑を否認 /東京

クレジットカードが使えない性風俗店で飲食店の決済を装い、カード会社に不正請求を繰り返していた事件で、警視庁組織犯罪対策総務課は11日、配下の組幹部を通じ不正請求の収益の一部を受け取っていたとして、指定暴力団稲川会幹部、戸上光雄容疑者(63)を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で逮捕した。事件を巡る逮捕者は11人目。

逮捕容疑は3月30日、稲川会系組長、塚田公弘被告(65)=電子計算機使用詐欺罪で起訴=らが川崎市の性風俗店などの利用料を飲食代と偽りカード会社から詐取した収益から、60万円を上納金として受け取ったとしている。容疑を否認しているという。

組対総務課によると、戸上容疑者には配下の稲川会系幹部、山口隆容疑者(62)らを通じ計約1000万円が渡ったとみられるという。

もとはカード不正請求の疑いで稲川会系組長ら3人が逮捕された事件でしたが、たどりたどってすでに計11人が逮捕されているうえ、稲川会ナンバー2・内堀和雄理事長の逮捕状も取って捜査中だそうです。

きっかけになってしまった人の立場など考えると、ブルブルきますね。

お店や現場にとっては、痛い腹があっていやな汗をかいているところはともかく、一時的に平穏な時間が発生しているのかもしれません。
が、もともと現場レベルでどうこう出来る話ではないですからね。

どちらも嫌いなお店は多いですが、今は「警察頑張れ」で捜査が進むことを願っている人が多そうです。

関連ニュース

コメントは受け付けていません。

ページTOPへ