22歳マッサージ師キスで激怒 強制わいせつ容疑の男逮捕 -和歌山-

抜きアリと勘違いしてか、単純にムラムラして思い切ってしまったのか、滞在中のホテルでマッサージ師にわいせつ行為をしたとして、会社員が逮捕されました。

マッサージ師にキス 激怒され自ら110番

女性マッサージ師にわいせつな行為をしたとして和歌山西署は3日、宮城県仙台市泉区南中山の会社員、鈴木和徳容疑者(36)を強制わいせつ容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

同署によると、鈴木容疑者は2日午後11時50分ごろ、宿泊していた和歌山市内のホテルの部屋で、マッサージ師の女性(22)をベッドに押し倒し、キスするなどわいせつな行為をした疑い。

犯行の40分前からマッサージを受けていたが、途中で性的マッサージをするように迫ったという。キスされた女性は「何するんですか」と激怒。鈴木容疑者は女性に謝罪したが、女性の怒りが収まらなかったため午前1時ごろ、その場で自ら「部屋で女性と口論になった。来てほしい」と110番通報した。署員が駆け付け事情を聞いたところ、一部始終を話したという。

鈴木容疑者は和歌山には出張で訪れていた。

40分間、普通のマッサージを受けた上で、性的マッサージを要求しベットに押し倒したそうです。
逮捕された会社員が期待していたようなサービスを提供するマッサージ師は、実際に存在しますから、会社員も「いつになったら切り出してくるんだ?」程度に思っていたのかもしれません。

被害にあわれた女性の詳細は明らかになっていませんが、こうしたホテルのマッサージの場合は、ご高齢か外国人かと相場が決まっているものだと個人的に思っていたので、22歳の女性が来たという時点で「そんなことあるのか」と、ちょっと驚きです。

それにしても、仕事でほどよく疲れて抜きもせず、部屋にマッサージを呼んだら若い女性が来るなんて、目にも身体にも毒以外の何物でもありません。ほろ酔いだったりしたらもっと最悪です。

こんな心配がないよう、保険の効く整骨院などでマッサージを済ませて、浮いたカネでちゃんとした性風俗店を利用するのが「健全な出張の過ごし方」ですね。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ