「性風俗=ジャンクフード」? ホワイトハンズ代表 坂爪真吾氏

障害者の射精介助を行う非営利組織「ホワイトハンズ」代表・坂爪真吾氏の著作が紹介されていました。
少し前に「セックス合宿」で話題になった方ですね。

性風俗産業 一般的衛生基準で「サービス」と呼ぶに値しない

障害者への射精介助を行う非営利組織・ホワイトハンズ代表の坂爪真吾氏は、東京大学在学中に性風俗業界の研究を行なった。その研究調査の過程で、「性風俗=ジャンクフード」であることを発見する。それはどういうことなのか、坂爪氏の新刊『セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱』(小学館101新書)で、以下のように解説している。

 * * *

性風俗産業は食べ物でたとえると「ジャンクフード」である、と私が感じた理由は以下の3点です。
 
1つ目の理由は、「美味しいけど、不健康」。性風俗業界は、男性客の性的満足の最大化と、短期的な利益の最大化のみをひたすら追求する業界であり、そこには、社会性のあるサービスをつくるという公共意識、働く女性の労働環境を守るという権利擁護の意識、性病の蔓延を防ぐという衛生観念は、ほとんど感じられませんでした。
大多数の店舗では、女性に対する教育や研修は「時間とカネがもったいないから」「どうせすぐ辞めるから」という理由、そして「素人信仰」があるため、全く行われていませんでした。
 
衛生管理に関しても、全従業員に性病検査を義務付けている店舗もありましたが、「即尺サービス」という、文字にするのもはばかられるような、衛生的にみると自殺行為としか思えないサービス(気になる人は、ネットで検索してみてください)を売りにしている店舗も、数多くありました。
 
さらに、そうした不衛生極まりないサービスを実施していることが、男性客から見ると「優良店」の基準になっていました。つまり、性風俗の世界で提供されているサービスは、一般的な衛生基準や品質基準に照らせば、そもそも「サービス」と呼ぶに値しない代物なのです。
 
にもかかわらず、提供者側・利用者側双方の知識の欠如によって、サービスでも何でもないものが「サービス」として認識され、提供され、利用されてしまっているために、多くの不幸が起こっているのでは、と感じました。
 
2つ目の理由は、「素材の産地が不明」。普通の企業であれば当たり前の情報公開が、性風俗業界では、まともに行われていません。経営者・女性従業員は全て偽名・匿名で、連絡先は携帯番号のみ、という店舗が大半でした。

3つ目の理由は、「中毒の危険がある」。性風俗の世界で長年働いていると、主に経済的な理由により、性風俗以外の世界で働けなくなってしまう例が多いのです。仮に、性風俗の世界から足を洗ったとしても、再就職先を見つけるのは難しく、結局出戻ってくる女性も大勢いました。風俗嬢のメンタルヘルスの問題や、男性客によるストーカー被害の問題も、深刻でした。

ここで、素朴な疑問が生じました。人間にとって、性は、食事や睡眠、排泄と並ぶ、基本的な生活行為であり、自尊心の基盤となる大切な要素です。それなのに、なぜ、性に関するサービスは、不健康な「ジャンクフード(=性風俗)」しか存在しないのか?

ジャンクフードだけではなく、「毎日当たり前に食べられる、普通のご飯」や、「栄養バランスのとれた、健康食品」のようなサービスが、必要なのではないだろうか。つまり、「ジャンクフード(=性風俗)が悪い」のではなく、「ジャンクフード(=性風俗)しかない」ことが問題である、という結論に達しました。
※坂爪真吾/著『セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱』より

※本書は、当エントリ投稿時点でまだ手元に届いておらず、未読です。

障害者と性というテーマは、私のような風俗屋風情が生半可な気持ちでああだこうだ言うのも憚られるのですが、個人的には、以前に障害者対応の充実を売りにしたデリヘルの企画立案をし見事に壁にぶち当たった経験があり、興味がある分野です。

障害者向け風俗という切り口の記事については、当サイトでもこれまでに何度か取り上げてきたのですが、ホワイトハンズさんはむしろ「介護の一環」という意味合いの方が強そうで、ここで話題にするのも気後れするほど真面目に精力的に、障害者の介助について活動されていらっしゃるのだと思います。

気になったのはやはり「性風俗=ジャンクフード」という部分なのですが、確かに同意せざるを得ない部分が複数ありますね。
もとより、紹介文によると、業界を研究されたのは大学在学中ということで、氏は現在29歳ということですから、8~10年前の風俗業界に対する印象がいまだ強く残っている可能性もありますが…

10年前のデリヘル業界は、ちょうど素人経営者参入の時代が到来した頃だと思いますが、結構エグかったですからね。
待ち合わせ型が流行りだして、人妻系デリヘルが一世風靡し「人妻=濃厚サービス」といった認識が出来たのもこの頃ではないでしょうか。

その一方で、いわゆるプロの女性が在籍する割合も減り始めました。
そこでカネを稼いでいれば、まあ普通はプロなんですが、素人っぽさ、業界未経験というファクターが重要視されるようになったこともあり、また業界の悪しき特性で、いまだに「仕事をナメてる」方の参入が他業種と比べてどうしても多いと感じていることもあり、そういった方々への門戸が一気に広がった10年だったと思います。

これは持論ですが、性病に対しては、プロは必要以上にナーバスで、奔放に性病を撒き散らすのは素人か準素人(おもに風俗業界のうち性が絡まない方々)が多いです。
こうしたこともあり、以前は確かに、性病に関してザルなお店が多かったです。

ただ、今どきこんなザルな店舗は随分減って来ました。
少なくとも、私がいま関係しているお店だけを見渡せば、ほぼゼロです。
そんなザルなお店は、さすがにこれから生き延びていくのは難しいですからね。

理由はやはり、単純に、店舗が持つ性病に対する意識の平均レベルが底上げされてきていることが大きいです。
「ホントに店がそんなこと考えているの?」とお思いの向きもありましょうが、もちろん在籍してくれる女性のことを心配するなり客を含めた性病蔓延を心配するなどの衛生観念よりも強く働いているのは「他店と比べられてしまう」という意識です。主に女性に。
性病に対するケアが適当なお店というのは、女性求人の時点で「あのお店はこうだったのに」などと女性求人の時点でビハインドになってしまうことが多くなってきているんですよね。

もちろんサービスがサービスなので、お客さんに対してのケアという意識はもちろんありますが、お客さんを踏まえた懸念であれば「ウチの商品に性病うつされちゃたまらん」という意識の方がよっぽど強いです。
それはもう、記事のことばを借りれば「短期的な利益の最大化」が唯一の目的ですから、性病対策の意識が年々向上しているのも、理由はカネに決まっています。
単純に生き残れなくなってしまうからです。

また、記事では「即尺」を批判していますが、これは個人的には全く同意なんですよね…なんで即尺ってあんなに人気があるんでしょう。

即尺、精飲、AFが出来る娘というのは客がつきやすいのですが、私が仕事を離れて理解できるのは、この中ではAFのみです。
即尺されても精飲されても、とくに性的快感が向上するわけではないと思うんですがどうなんでしょう?
「自分に対して奉仕してくれていると思えるところが良い」という意見を聞いたことがありますが、それは奉仕ではなく、金銭に対する対価として行なっているだけで、別に愛情もへったくれもありませんからね。

…などということは、お店に出入りしている現場ではもちろん話せないのですが。
やっぱりお客さんからの需要がある、つまりカネになるということですから、出来るように育てていくしかないんですよね。

私には一応、おそらく氏の研究してきた店舗数より多くの店舗に出入りし色々なケースを見てきた自負がありまして、業界の現状認識について私と氏には多少の認識の違いがあり、本書にあるような業界説明部分が事情に疎い方に読まれた時のことを考えると釈然としないものはありますが、話の本筋はそこではないでしょうし、興味をお持ちになりましたら、一度読んでみてはいかがでしょうか。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ