150万円のコースも!渋谷売春デリヘル摘発 -東京-

「美女ばかり」を謳い文句に多くの女性を派遣し売春をあっせんした疑いがあるとして、警視庁は都内最大規模の売春クラブを摘発しました。
デリヘルという報道ですが、これは例の老舗DCでしょうか。

最高級「本番」デリヘル摘発、15人を逮捕

「最高級」の「完全会員制デリバリーヘルス」をうたいながら、実際は“本番行為”のある売春クラブだった。

逮捕容疑は今年4~6月、男性客5人の依頼を受け、22~29歳の女性をホテルに派遣、売春をさせたとしている。刑部容疑者は容疑を認めているという。

保安課によると、刑部容疑者は「ジュークボックス」と「青山美女百景」の2つの売春クラブを経営。両店には女性計110人が在籍し、「都内最高級」をうたい文句にして客を集めていた。

「ジュークボックス」のホームページなどでは、女性について「合格率が40倍以上という厳しい面接を行っております」「顔・スタイル・サービス全てを兼ね備えている美女のみです」「高身長モデルさんはもちろんのこと、現役女子大生まで完璧に網羅され」などと“最高級”ぶりをアピールしていた。

このうたい文句が効いたのか、繁盛していたようで、約10年間でのべ約7万人の客が利用、売り上げは約30億円にのぼっていた。同課は都内最大規模とみている。

1人平均にすれば約4万2900円になるが、「ジュークボックス」のホームページなどによると、料金には2種類あり、90分だと5万円と7万5000円のコースがある。

20時間65万円のコースを利用した客もいたといい、さらに驚くのは150万円のコースまであったこと。ただ、こちらは「高すぎたのか、客が付かなかったようだ」と捜査関係者。

一方、風俗求人サイトなどに同店は「財界、著名人、事業経営者など富裕層をターゲットとしております」と宣伝して女性を集めていた。

「都内最大級の売春クラブ」「美女ばかりの高級デリヘル」と報道されていますが、いわゆるDCといった方が馴染み深いかもしれません。

渋谷のDC事情は正直深く追いかけておりませんが、ここはかつてJazzⅡとして営業していたところでしょうか。
姉妹店とされていたお店も、軒並み公式サイトは落ちてしまっているようです(これはもっと昔に統合なり何なりされていたのかもしれませんが、把握していません)。

青山美女百景は、たまたま机を並べる同僚が体験済みでしたが、当たりハズレ両方あったそうです。値段もそこまで超高級ではなかったそうなので、A級レベルの女性はジュークボックスに、B級レベルの女性は青山美女百景などサブ店に、ということだったのかもしれません。

JazzⅡというお店は、芸能界に疎い私でも名前を聞いたことのあるグラドルが在籍しているなど、噂を耳にしたことがあります。

私は「グラドルである」という部分だけが売りの女性にサービスを受けるなら、プロの濃いサービスが受けられる方を選んでしまうタイプなので食指が動かないのですが、お気に入りの女性を追いかけなければと、気が気でないお客様は多いかもしれませんね。

自分が常連さんで、店側に気の利く残党でもいれば連絡がつくこともありましょうが、なにせ15人が一斉逮捕されているようですし、摘発劇を見る限り、DCによくある店名や名義を変更しての存続というカンタンなものではない様子なので、お気に入りを追いかける側は大変そうです。

渋谷エリアの他店に移るのでしょうが、近隣の同業態店には良いチャンスかも知れません。
…といっても大半はスカウト経由であんまり関係ないでしょうが、ここらの話を掘ってもいいこと無さそうなので、この辺で。

関連ニュース

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページTOPへ